Office

関数の入れ方【Excel/直接入力と関数の挿入の使い方】

投稿日:2020年8月23日 更新日:

関数の入れ方【EXCEL/直接入力と関数の挿入の使い方】

✅ この記事で解決できる悩み

  • 簡単な関数の入れ方を知りたい
  • 関数の挿入の使い方を知りたい
  • 関数の細かい中身を覚えられなくて困っている

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


セルに直接入力する方法と関数の挿入を使う方法

セルに直接入力する方法と関数の挿入を使う方法

エクセルで関数を入れるには、以下の2種類があります。

人により、どちらが合うかは違いますが、私は関数の挿入を使う方法をおすすめしています。

では、それぞれの入力方法を解説していきますので、どういった違いがあるのか、なぜ関数の挿入のほうがおすすめなのか、見ていきましょう。

セルに直接入力する方法

セルに直接入力する方法①

実際に関数を入れながら解説していきます。

合否欄(F列)に『合計点が200点以上の場合は合格、それ以外は不合格』という式を入れてみます。
条件によって違う値を返したいので、使う関数はIF関数です。

セルに直接入力する方法②

上の画像のように、セルに直接入力する方法は、あなたが一文字ずつキーボードで入力していきます。

関数の挿入を使う方法

関数の挿入を使う方法①

セルに直接入力する方法と同じように、合否欄(F列)に『合計点が200点以上の場合は合格、それ以外は不合格』という式を入れてみます。
こちらでも、IF関数を使います。

関数の挿入を使う方法②

この【fx】というところをクリックすると関数の挿入ウィンドウが開きます。

関数の挿入を使う方法③

今回のように使う関数がわかっている場合は、『関数の検索』に使いたい関数を打ち込みましょう。

関数の挿入を使う方法④

入力が終わったら、【検索開始】をクリックします。

関数の挿入を使う方法⑤

関数名のところにIFと出てきますので、IFを選択し【OK】をクリックします。
これで、IF関数のウィンドウが出せます。

関数の挿入を使う方法⑥

あとは、上の画像の論理式、真の場合、偽の場合を埋めていきます。

関数の挿入を使う方法⑦

全て埋めたら、赤枠のように、返ってくる結果が事前に表示されます。
【OK】をクリックし、入力完了です。

関数の挿入を使う場合は、このように決められた枠に、必要な情報を入れていきます。

どうして関数の挿入のほうがおすすめなのか?

どうして関数の挿入のほうがおすすめなのか?

関数の挿入をオススメする理由は、以下の2点です。

どういうことか詳しく見ていきましょう。

理由1:関数の中身を覚えなくて良い

IF関数では『論理式、真の場合、偽の場合』を指定する必要がありました。

では、ここで質問です。

VLOOKUP関数は何を指定する必要がありましたか?
また、MATCH関数は何を指定する必要がありましたか?

どうでしょうか。
ここでパッと答えが出てきた方は、凄すぎます。

ちなみに、答えは以下の通りです。

✔ VLOOKUP関数
ExcelのVLOOKUP関数の決まり

✔ MATCH関数
ExcelのMATCH関数の決まり

これだけ沢山ある関数の中身を覚えておくことは、かなり難しいですね。
でも、これは覚えておく必要がありません

なぜかというと、関数の挿入から関数を入れれば、必要な項目がわかるからです。

例えば、VLOOKUP関数の場合、検索値と範囲の順番が逆になると、正しい答えが返ってきません。
こういう覚え間違いを防ぐ意味でも、関数の挿入を使ったほうが確実です。

理由2:入力ミスが減る

IF関数を単体で使う場合など、短い関数の場合は、あまりミスもないと思います。
ただ、関数の中に関数が入っていたり、長くなるにつれて、どうしてもミスが増えてきます。

例えば、以下のような式の場合、結構ミスする方が多いです。

=IF(A1=””,””,IF(ISERROR(VLOOKUP(〜)),””,VLOOKUP(〜)))

※VLOOKUP関数の中身は省略

非常に複雑ですね。
『 ()(括弧) 』が1つ足りないだけで、エラーになってしまいます。

関数の挿入を使うと、自分で入力する『 , 』や『 () 』の数が減る分、ミスが減ります。
また、下記画像の”合格”の『 ” 』は自動で入力されたものです。

関数の挿入を使ったIF関数の使用例

エクセルが文字列と判断し、自動でつけてくれるんですね。
こういう機能もあり、一文字ずつ手で入力する場合より、ミスが減ります。

以上の2つの理由から、関数の挿入を使う方法をおすすめしています。

まとめ:関数の入れ方【EXCEL/直接入力と関数の挿入の使い方】

この記事では、関数を直接入力する方法と関数の挿入を使う方法を解説しました。

そして、関数を覚えなくて良い、ミスが少なくなるという理由から、関数の挿入をおすすめしました。

関数の細かい中身は覚えなくても良いですが、『この関数を使うと、こういうことができたな〜』と大まかに覚えておく必要はあります。

ただ、それは関数の挿入を使っても使わなくても同じなので、実際に関数を使いながら、少しずつ覚えていきましょう。

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ

-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

ExcelとGoogleスプレッドシートの違いは?互換性はある?

✅ この記事で解決できる悩み Googleスプレッドシートって何? ExcelとGoogleスプレッドシートの違いを知りたい ExcelとGoogleスプレッドシート、どっちがおすすめ? …

COUNTIFS関数の使い方【EXCEL/複数条件に合うセルの数え方】

✅ この記事で解決できる悩み COUNTIFS関数の使い方を知りたい 複数条件に合うセルの数を数えたい アンケートなどのデータの集計に役立つ関数を知りたい ✅ 記事の信頼性 …

ExcelのCOUNTIF関数の使い方!空白以外のセルや文字列のセルを数える方法を解説!

セルの数を数える関数には、以下の4つがあります。 COUNT関数 COUNTA関数 COUNTIF関数 COUNTIFS関数 この記事では、この中のCOUNTIF関数について解説していきます。 &#x …

【Excel】MATCH関数の使い方【照合の種類の違いも解説】

この記事では、MATCH関数単体での使い方を解説しています。 ただ、MATCH関数は単体で使うというよりは、INDEX関数と組み合わせて使うことが多いです。 組み合わせて使うためにも、まずはMATCH …

Excelで表の行列を入れ替える方法を画像つきで解説

✅ この記事で解決できる悩み 行と列を入れ替える方法を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ Excelで表の行列を入れ替える方法 貼り付けを使って行列を入れ替える方法 関数を …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。