Office

OfficeSuiteは評判通り?料金や互換性も解説【比較あり】

投稿日:2021年7月12日 更新日:

OfficeSuiteは評判通り?料金や互換性も解説【比較あり】

この記事では、『コストは最小限、必要機能は十分』がコンセプトのOfficeSuiteをご紹介します。

コンセプトの通り、お手頃価格で、必要な機能が一通り揃っています。

無料ソフトでは不安だけど、MicrosoftOfficeは高い・・・

そんなあなたにはぴったりです。
ちなみに、30日間の返金保証もあります。
»OfficeSuite公式サイトでチェックする

✅ この記事で解決できる悩み

  • Officeソフトを使いたいけど、MicrosoftOfficeは高い・・・
  • 無料のOfficeソフトだとちょっと不安・・・
  • OfficeSuiteについて詳しく知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


Officeソフト『OfficeSuite』とは?

MobiSystemsのOfficeソフト『OfficeSuite』とは?

まずは、OfficeSuiteとはどのようなソフトなのか、詳しく見ていきましょう。

以下の順番で解説します。

お手頃価格で必要十分な機能を備えたOfficeソフト

コストは最小限、必要機能は十分。
MS Officeと互換性を備えたソフト。

OfficeSuiteの商品コンセプトは、上記の通りです。

MicrosoftOfficeは確かに高機能ですが、使わない機能も結構あります。
OfficeSuiteは、『使わない機能はいらないから、もっと安くしてほしい』を叶えたOfficeソフトです。

実際、公式サイトにも以下のように書かれています。

Microsoft Officeほどの使いこなせない豊富な高機能までは不要… とは言ってもフリーのソフトは品質が不安… 必要機能は十分に備わっていて、でも価格はとてもリーズナブルで、何かあったらメーカーのサポートを受けたい。そんな望みをお持ちの個人ユーザー様・個人事業主様・中小企業様にぴったりなオフィスアプリケーションです

引用:OfficeSuite

理想的なOfficeソフトですが、一つだけ注意点があります。
それは、macOSでは使えないことです。

MicrosoftOfficeをはじめ、多くのOfficeソフトがWIndows、Macどちらでも使えます。
ただ、OfficeSuiteに関しては、今のところWindowsのみとなっています。

MicrosoftOfficeとの互換性もバッチリ

気になるMicrosoftOfficeとの互換性ですが、互換性がありますので、問題ありません。

また、MicrosoftOfficeだけでなく、Googleスプレッドシートとも互換性があります。

ちなみに、OfficeSuiteで使えるソフトは以下の5つです。

  • Documents
  • Sheets
  • Slides
  • Mail
  • PDF

DocumentsがWord、SheetsがExcel、SlidesがPowerPointですね。

メールソフトもついていますが、これに関しては、お好きなメーラーで良いかと思います。

また、結構嬉しいのが、PDF閲覧・編集もできる点です。
Adobe PDFとの互換性もあるため、頻繁にファイルのやり取りをする方でも、気になることはないはずです。

OfficeSuiteは操作画面もMicrosoftOfficeにそっくり

OfficeSuiteは互換性だけでなく、操作画面もMicrosoftOfficeにそっくりで使いやすいです。

実際に、OfficeSuiteの操作画面を見てみましょう。

OfficeSuiteのDocuments

OfficeSuiteのDocumentsで、MicrosoftOfficeのWordにあたるものですね。

OfficeSuiteのSheets

こちらは、OfficeSuiteのSheetsで、MicrosoftOfficeのExcelにあたるものです。

OfficeSuiteのSlidese

最後はOfficeSuiteのSlidesで、MicrosoftOfficeのPowerPointにあたるものです。

ご覧のように、ボタンの配置だけでなく、画面上部にあるタブの並びもほぼ一緒です。
そのため、他のOfficeソフトからでもスムーズに移行できます。

OfficeSuiteのプラン別料金

  • Personal・・・3,480円(税込)/年
  • Home&Business2021・・・9,980円(税込)/永続ライセンス

1年ごとのサブスクリプションライセンスと買い切りの永続ライセンスがあります。

上記以外にもFamilyプランもあるのですが、Personalとユーザー数が違うだけです。
そのため、多くの環境では、PersonalかHome&Business2021のどちらかとなるでしょう。

Personalは、モバイルデバイス2台分を含めた価格ですが、Home&Business2021はPC1台分の価格です。
また、Home&Business2021では、PDFからWord、Excelへの変換機能が使えません。

このように細かい仕様の差はありますが、使う予定の年数で決めて問題ないです。

2年以下ならPersonal、3年以上ならHome&Business2021が良いですね。

»公式サイトでプランを比較する

MicrosoftOfficeやLibreOffice、Googleスプレッドシートとの比較

MicrosoftOfficeやLibreOffice、Googleスプレッドシートとの比較

ここまでOfficeSuiteについて見てきました。

ここからは既存のOfficeソフトと比較していきましょう。
比較対象は、以下の3つです。

  • MicrosoftOffice
  • LibreOffice
  • Googleスプレッドシート

ソフトごとの機能の違いと使いやすさ

もっともMicrosoftOfficeと遜色なく使えるのは、OfficeSuiteです。

ただ、たまに日本語がおかしなときがあったり、マクロが使えないなどはあります。

日本語に関してはどんどん改善されていくでしょうし、困るレベルではないので、使用上は問題ないかと思います。
その他の機能に関しても、多くの方が使っていない機能ばかりですので、まさに『必要機能は十分』です。

LibreOfficeでも必要機能は十分揃っていますが、OfficeSuiteと比べると起動の遅さや互換性が気になります。

このあたりは、無料を優先するのか、使いやすさを優先するのか、人によって変わってくる部分ですね。
と言っても、OfficeSuiteはサブスクリプションライセンスでも月300円以下で使えますので、使用頻度が高いのであれば、OfficeSuiteのほうがストレスなく使えて良いでしょう。

ソフトごとの料金の違い

LibreOfficeとGoogleスプレッドシートは無料なので、ここでは、OfficeSuiteとMicrosoftOfficeを比較していきます。

OfficeSuite MicrosoftOffice
サブスクリプションライセンス 年間3,480円(税込) 年間12,984円(税込)
永続ライセンス 9,980円(税込) 32,784円(税込)

料金の差は3倍以上あります。

OfficeSuiteは、MicrosoftOffice 1年分の料金でずっと使えるわけですね。

OfficeSuiteはどんな方におすすめか?

OfficeSuiteは、以下に当てはまらないすべての方におすすめです。

  • マクロを使いたい
  • どうしても無料が良い

多くの方はOfficeSuiteの機能だけで十分な使い方をしています。
そのため、マクロを使いたいなど、特定の目的がなければOfficeSuiteで大丈夫です。

また、OfficeSuiteにも無料版がありますが、よく使う機能まで利用制限されているため、無料版での使用はおすすめできません。
どうしても無料で使えるソフトを、ということでしたら、LibreOfficeかGoogleスプレッドシートが良いでしょう。

ということで、多くの方にとって、OfficeSuiteが最適となりそうです。
»OfficeSuite公式サイトでチェックする

まとめ:OfficeSuiteは評判通り?料金や互換性も解説【比較あり】

この記事では、『コストは最小限、必要機能は十分』がコンセプトのOfficeSuiteをご紹介しました。

『無料ソフトでは不安だけど、MicrosoftOfficeは高いしな・・・』

そんな悩みを解決してくれるOfficeソフトです。

30日間の返金保証もありますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。
»OfficeSuite公式サイトでチェックする







-Office
-,

執筆者:

関連記事

エクセルのIF関数の使い方|空白だったら計算しない方法や複数条件

✅ この記事で解決できる悩み IF関数の決まりを知りたい IF関数の使い方をマスターしたい 実際の使用例を見てみたい ✅ 記事の信頼性 もくじ 【Excel】IF関数の決ま …

COUNT関数とCOUNTA関数の違いは?Excel講師が解説!

この記事では、COUNT関数とCOUNTA関数にはどういった違いがあるのかを解説していきます。 また、COUNT関数とCOUNTA関数の基本的な決まりや具体例も解説していますので、違いを知り、うまく使 …

【Excel】条件付き書式で文字やセルに色付け【画像つきで解説】

この記事では、条件付き書式の使い方について解説しています。 条件付き書式を使えば、条件を満たすセルの文字色やセル自体の色を変えることができます。 パターンもいくつか解説していますので、ぜひ参考にしてく …

【Excel】INT関数の使い方とROUNDDOWN関数との違い

この記事では、ExcelのINT関数について解説していきます。 INT関数の基本的な使い方だけでなく、ROUNDDOWN関数との違いや、INT関数だけで四捨五入、切り上げする方法も解説しています。 ぜ …

INDEX関数の使い方をExcel講師がわかりやすく解説!

この記事では、INDEX関数単体での使い方を解説しています。 ただ、INDEX関数は単体で使うというよりは、MATCH関数と組み合わせて使うことが多いです。 組み合わせて使うためにも、まずはINDEX …




プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む