Office

【無料・買い切りあり】Officeソフトおすすめランキング

投稿日:2022年6月20日 更新日:

【無料・買い切りあり】Officeソフトおすすめランキング

この記事では、Excel講師を務める私が選ぶOfficeソフトをランキング形式でご紹介します。

各ソフトの解説記事もありますので、気になるものがあれば、合わせてご覧ください。

✅ この記事で解決できる悩み

  • 自宅用のOfficeソフトを探している
  • 買い切りライセンスのOfficeソフトが良い
  • MicrosoftOfficeが高くて困っている

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


【無料・買い切りあり】Officeソフトおすすめランキング

【無料・買い切りあり】Officeソフトおすすめランキング

それでは、Officeソフトのおすすめランキングを1つずつ解説していきます。

なお、この記事ではライト〜ミドルユーザーを対象としています。
マクロを組むなど本格的に使いたい場合は、キングソフトのWPS OfficeかMicrosoftOfficeの二択になります。

第1位:【買い切り】OfficeSuite

おすすめ第1位はOfficeSuiteです。
»OfficeSuite公式サイト

✔ OfficeSuiteのおすすめポイント・メリット

  • MicrosoftOfficeと互換性がある
  • PDF編集もできる
  • 買い切りで9,980円(税込)

✔ OfficeSuiteのイマイチなポイント・デメリット

  • macOSで使えない
  • マクロが使えない

OfficeSuiteのコンセプトは『コストは最小限、必要機能は十分』です。

『必要機能は十分』という通りのOfficeソフトで、ライト〜ミドルユーザーであれば全く問題なく使えます。
もちろん、MicrosoftOfficeとの互換性もありますので、ファイルのやり取りで困ることもほとんどありません。

そして価格ですが、買い切りで9,980円です。
1年ごとのサブスクリプションライセンスもありますが、こちらは3,480円/年です。
どちらにしても、MicrosoftOfficeと比べると3分の1以下という価格で買えますね。

イマイチなポイント・デメリットに関してですが、この記事はライト〜ミドルユーザー向けに書いていますので、マクロが使えなくて困ることは少ないと思います。
ただ、macOSでは使えませんので、Macユーザーは別のOfficeソフトを選びましょう。

また、30日間の返金保証がありますので、気軽にお試しできるのも良い点です。

OfficeSuiteの公式サイトと詳しい解説は下記からどうぞ。

第2位:【買い切り】キングソフトのWPS Office

おすすめ第2位はキングソフトのWPS Officeです。
»キングソフトWPS Office公式サイト

✔ キングソフトのWPS Officeのおすすめポイント・メリット

  • MicrosoftOfficeとの互換性あり
  • 対応バージョンを買えば、マクロも組める
  • 買い切りで約4,300円(税込)

✔ キングソフトのWPS Officeのイマイチなポイント・デメリット

  • 『うまくインストールできなかった』という声がある
  • 一部フォントに対応していない

キングソフトのWPS Officeはスタンダードエディションで約4,300円(税込)の買い切りライセンスです。
金額だけ見れば、MicrosoftOfficeの8分の1くらいで買えます。

もちろん、MicrosoftOfficeとの互換性もありますので、使用していて困ることはほとんどありません。
また、VBA対応バージョンが販売されており、そちらを買えばマクロを組むこともできます。

イマイチなポイント・デメリットに書いた「『うまくインストールできなかった』という声がある」についてですが、環境によってはセキュリティーソフトに止められてしまうことがあるようです。
もしインストールがうまく進まない場合は、一時的にセキュリティーソフトをオフにするなど、ひと手間かかるかもしれません。

それでも、価格を考えれば、十分使えるOfficeソフトです。

»キングソフトWPS Office公式サイト

第3位:【無料】Googleドキュメント&スプレッドシート

おすすめ第3位はGoogleドキュメント&スプレッドシートです。
»Googleドキュメントはこちら、Googleスプレッドシートはこちら

✔ Googleドキュメント&スプレッドシートのおすすめポイント・メリット

  • Googleアカウントがあれば無料で使える
  • 複数人で同時に編集できる
  • MicrosoftOfficeと互換性がある

✔ Googleドキュメント&スプレッドシートのイマイチなポイント・デメリット

  • インターネット環境がないと使えない
  • たまに使えない関数などがある

Googleドキュメント&スプレッドシートの最大の魅力は、やはり無料という点です。
Googleアカウントをお持ちであれば、今すぐ無料で使うことができます。

MicrosoftOfficeとの互換性もありますが、100%ではありません。
また、オンライン使用のみとなりますので、インターネット環境がないと使うことができません。

外出先でもスマホのテザリングで使うことができますので、MicrosoftOfficeとの互換性が気にならなければ、おすすめです。

Googleスプレッドシートの詳しい解説は下記記事をどうぞ。
»ExcelとGoogleスプレッドシートの違いは?互換性はある?

第4位:【定番】MicrosoftOffice

おすすめ第4位はMicrosoftOfficeです。
»Amazonでチェックする

✔ MicrosoftOfficeのおすすめポイント・メリット

  • Officeソフトのスタンダート
  • 書籍や解説サイトのほとんどがMicrosoftOfficeなので、わからないときに調べやすい

✔ MicrosoftOfficeのイマイチなポイント・デメリット

金額が高い

Officeソフトといえば、MicrosoftOfficeですね。
もっともインストールされているOfficeソフトですし、まさにド定番と言えます。

ただ、MicrosoftOfficeは価格が高いのが難点ですね。
価格が高いからという理由で、他のOfficeソフトを探すという方も多いです。

MicrosoftOfficeは買い切りライセンスと1年ごとのサブスクリプションライセンスがあります。
現在でもMicrosoftOffice2013が問題なく使えるように、最新モデルである必要性はそこまでないと考えていますので、買い切りモデルのほうがおすすめです。

MicrosoftOffice Home&Business 2021
»Amazonでチェックする

第5位:【無料】LibreOffice

おすすめ第5位はLibreOfficeです。
»LibreOffice公式サイト

✔ LibreOfficeのおすすめポイント・メリット

  • 無料で使える
  • MicrosoftOfficeとの互換性あり
  • マクロが組める

✔ LibreOfficeのイマイチなポイント・デメリット

  • 動作が遅め
  • 日本語化が必要な場合は、他のOfficeソフトよりインストールに手間がかかる

LibreOfficeは無料で使えるOfficeソフトです。
Googleドキュメント&スプレッドシートも無料で使えますが、LibreOfficeはインストールするタイプですので、インターネット環境がなくても使える点が違います。

MicrosoftOfficeとの互換性もありますが、たまに表示が崩れたり、互換性は90%ほどです。

LibreOfficeを第5位にした理由は、動作が遅いからです。
と言っても、一度起動してしまえばそこまで気になるほどではありません。
ただ、第1〜4位のOfficeソフトと比べると起動に2〜3倍の時間がかかります。

それでもデメリットより、メリットのほうが多いです。
私自身、お客様にインストールタイプの無料のOfficeソフトを聞かれたときは、このLibreOfficeをおすすめしています。

LibreOffice公式サイトと詳しい解説は、下記記事をどうぞ。

まとめ:【無料・買い切りあり】Officeソフトおすすめランキング

この記事では、おすすめのOfficeソフトをランキング形式で5つご紹介しました。

無料のものから買い切りライセンスのものまであります。
返金保証があるOfficeソフトもありますので、あなたに合うかどうか試してみてください。

※ソフト名をクリックすると、公式サイト or Amazonに移動します。

おすすめ順位 ソフト名 ポイント
第1位 OfficeSuite公式サイト
  • 買い切りライセンス
  • 30日間の返金保証あり
第2位 キングソフトWPS Office公式サイト
  • 買い切りライセンス
  • 体験版あり
第3位 Googleドキュメント&スプレッドシート
  • 無料で使える
  • 複数人で同時編集できる
第4位 MicrosoftOffice
  • 定番、スタンダート
  • ユーザーが多い分、わからないときは調べやすい
第5位 LibreOffice公式サイト
  • 無料で使える
  • マクロを組める







-Office
-, , ,

執筆者:

関連記事

CONCAT関数とは?使い方や読み方をExcel講師が解説!

✅ この記事で解決できる悩み CONCAT関数の使い方や読み方を知りたい 違うセルにある文字列の結合をしたい ✅ 記事の信頼性 もくじ ExcelのCONCAT関数とは?使 …

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方【Excel】

この記事では、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方を解説していきます。 また、MATCH関数をVLOOKUP関数、HLOOKUP関数への応用する方法も解説しますので、ぜひ最後までご覧くだ …

COUNT関数とCOUNTA関数の違いは?Excel講師が解説!

この記事では、COUNT関数とCOUNTA関数にはどういった違いがあるのかを解説していきます。 また、COUNT関数とCOUNTA関数の基本的な決まりや具体例も解説していますので、違いを知り、うまく使 …

Excel講師が選ぶおすすめ本(参考書)は『FOM出版よくわかるExcel』【初心者〜中級者向け】

数ある参考書の中で、一番おすすめなのは『FOM出版 よくわかるExcel』シリーズです。 »『FOM出版 よくわかるExcel』シリーズ 書籍版、Kindle版とあり、お好きな方を選ぶことができます。 …

Excelで年度を表す方法を2つ紹介【四半期などにも応用可】

✅ この記事で解決できる悩み Excelで年度を表す方法を知りたい EDATE関数の使い方を知りたい 四半期などにも応用できる方法を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ 【E …




プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年発売モデルの中で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。
2022年現在でも、いまだにコスパ1位です。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む