ガジェット・周辺機器

【口コミ☆4.2】『hp 15s-eq2000』のレビュー【注意点あり】

投稿日:2022年6月11日 更新日:

【口コミ☆4.2】『hp 15s-eq2000』のレビュー【注意点あり】

✔ 追記

以前は約70,000円で買えたRyzen5、SSD512GB、WPS Office付きのモデルをおすすめしていましたが、ここ数ヶ月で18,000円ほど高くなりました。

値上げを考えると、ビジネス用途のみであれば、70,000円(税込)で買えるRyzen3、SSD256GB、WPS Office付きのモデルでも良いですね。
»Amazonでチェックする

高くなったと言ってもコスパが良いことに変わりはないので、ビジネス用途のみならRyzen3搭載モデル、余裕を持ったスペックがほしいならRyzen5搭載モデルという選び方がおすすめです。

この記事では、HP(ヒューレット・パッカード)のノートパソコン『HP 15s-eq2000シリーズ』をご紹介します。

先日対応したお客様のパソコンがこれだったのですが、値段を聞いてびっくりしました。
以下のスペックで、70,000円くらいとのこと。

  • CPU・・・Ryzen5 5500U(6コア)
  • メモリ・・・8GB(4GB×2)
  • ストレージ・・・512GBのSSD
  • ディスプレイ・・・15.6インチ(非光沢)
  • その他・・・WPS Office付き

実際にAmazonで調べたところ、これだけの性能があるのに71,500円(税込)でした。
»Amazonでチェックする

ゲームとか動画編集をするには物足りないですが、ビジネス用途であれば十分すぎる性能です。
それでは、『HP 15s-eq2000シリーズ』のポイント、注意点を詳しく解説していきます。

✅ この記事で解決できる悩み

  • ビジネス用途でコスパの良いパソコンを探している
  • HP 15s-eq2000シリーズってどんなパソコン?
  • HP 15s-eq2000シリーズの良いところ、悪いところを知りたい

✅ 記事の信頼性

profile

『HP 15s-eq2000シリーズ』の5つのおすすめポイント

『HP 15s-eq2000シリーズ』の5つのおすすめポイント

まずは、『HP 15s-eq2000シリーズ』のおすすめポイントを5つご紹介します。

『HP 15s-eq2000シリーズ』は30,000円台のモデルからありますが、一番おすすめできるRyzen5搭載モデルについて見ていきます。

ビジネス用途では十分すぎる性能がある

『HP 15s-eq2000シリーズ』 Ryzen5搭載モデルのスペックの確認です。
主なスペックは、下記の通りです。

  • CPU・・・Ryzen5 5500U(6コア)
  • メモリ・・・8GB(4GB×2)
  • ストレージ・・・512GBのSSD
  • ディスプレイ・・・15.6インチ(非光沢)
  • その他・・・WPS Office付き

軽い動画編集くらいならできる性能があり、Officeソフトまでついて、70,000円ちょっとです。

お客様にお返しする前に、負荷をかけるような動作テストもするのですが、通常行っているテストでは全く問題ありませんでした。

もちろん、文書作成やビデオ通話など、仕事で使う機能は快適に使えます。

選べるOfficeソフトつき

『HP 15s-eq2000シリーズ』のOfficeソフトについては、以下の3パターンから選ぶことができます。

  • Officeソフトなし
  • MicrosoftOfficeつき
  • WPS Officeつき

私のおすすめは、キングソフトのWPS Officeがついているモデルです。

キングソフトのWPS OfficeはMicrosoftOfficeとの互換性もありますので、ほとんどの方はWPS Officeでも問題ありません。

ただし、マクロを組むなど、少し込み入った使い方をする場合は、MicrosoftOffice搭載モデルが良いですね。

MicrosoftOffice搭載モデルはこちらです。
WPS Officeに比べると、25,000円ほど高くなります。
»Amazonでチェックする

外でも安心のバッテリー持ち

『HP 15s-eq2000シリーズ』は、最大9.5時間使用ができるだけのバッテリーが搭載されています。

9.5時間というのは最大値なので、実際にはもう少し短めにはなります。
使い方にもよりますが、7〜8時間程度は使えると思っていただければ問題ありません。

7〜8時間も持てば、外出時でも十分使えるだけのバッテリーがありますね。

また、重さも2kgを切っており、持ち運びも楽ですね。

テンキーつきのキーボード

『HP 15s-eq2000シリーズ』のキーボードには、テンキーがついています。

ノートパソコンを探すときに、テンキーつきで探す方も多いですね。
テンキーがあるのとないのとでは、作業効率がかなり違いますので、ビジネス用途であれば必須と言っても良いかもしれません。

512GBのNVMeタイプSSD

『HP 15s-eq2000シリーズ』のSSDは、NVMeタイプで512GBもあります。

まずは、SSDの容量の話から。
ビジネス用途であれば256GBあれば十分ですが、容量が多いに越したことはありません。

CPUがRyzen3 5300UでSSDが256GBのモデルもありますが、差額が4,000円ですので、断然512GBがおすすめです。

CPUがRyzen3 5300U、SSDが256GBのモデルはこちらです。
»Amazonでチェックする

また、少しマニアックな話になりますが、SSDがNVMeというタイプなのも嬉しいポイントです。

一言でSSDと言っても接続タイプによって通信速度が違います。
中でもNVMeは通信速度が速いので、より快適にパソコンを使うことができます。

『HP 15s-eq2000シリーズ』の3つの注意点

『HP 15s-eq2000シリーズ』の3つの注意点

ここからは、『HP 15s-eq2000シリーズ』の注意点を3つご紹介します。

注意点は、以下の3つです。

ゲームや動画編集には向いていない

『HP 15s-eq2000シリーズ』は、メモリが8GB、GPUはCPUに内蔵されているモデルのため、ゲームや動画編集には向かないです。

まず、メモリについてです。
『HP 15s-eq2000シリーズ』は、ほとんどのモデルがメモリ8GBで販売されています。

購入後にメモリを増やすことはできますが、そこまでするなら最初からメモリ16GBで買える下記モデルのほうが良いです。
»LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

また、映像処理に関係するGPUもCPU内蔵の基本的な性能しかありません。
ゲームや動画編集を快適にしたい場合は、独立したGPUがあるパソコンのほうが良いです。

もちろん、このパソコンでも軽いゲームや動画編集はできますが、ゲーム用、動画編集用として買うのはおすすめできないですね。

ゲーム用、動画編集用のパソコンをお探しであれば、下記記事がおすすめです。

付属しているOfficeソフトの種類に注意

『HP 15s-eq2000シリーズ』は、以下の3パターンからOfficeソフトを選ぶことができます。

  • Officeソフトなし
  • MicrosoftOfficeつき
  • WPS Officeつき

『HP 15s-eq2000シリーズ』に限らず、MicrosoftOfficeとWPS Officeを混同してしまいがちですので、注意が必要です。

この記事でおすすめしているのは、Ryzen5搭載モデルで、キングソフトのWPS Officeがついているパソコンです。

キングソフトのWPS Officeは、MicrosoftOfficeとの互換性もあります。
マクロを組むなど、少し込み入った使い方をする方以外は、キングソフトのWPS Officeで大丈夫です。

仕事の関係で、どうしてもMicrosoftOfficeでないとダメであれば、そちらを選びましょう。

MicrosoftOffice搭載モデルはこちらです。
WPS Officeに比べると、25,000円ほど高くなります。
»Amazonでチェックする

光学(ディスク)ドライブがない

『HP 15s-eq2000シリーズ』には光学(ディスク)ドライブがありません。

最近では光学(ディスク)ドライブがないモデルが多いですが、『HP 15s-eq2000シリーズ』もその1つです。

ディスクを読み込む場合は、下記のようなUSB接続の外付けドライブを使うと良いでしょう。
»BUFFALO 外付け光学ドライブ DVSM-PTV8U3-BK/N

『HP 15s-eq2000シリーズ』のネット上の口コミ

『HP 15s-eq2000シリーズ』のネット上の口コミ

最後に、ネット上の口コミを見てみましょう。

いくつかのショップの口コミを見てみましたが、4.2〜4.3/5点満点と非常に高評価です。

『HP 15s-eq2000シリーズ』の悪い口コミ

まずは、『HP 15s-eq2000シリーズ』の悪い口コミを見てみましょう。

立ち上げると画面にドットのラインが出ていたので連絡すると、
「ハードウエアの故障なので修理か交換になります」とのこと。
修理には2週間ほどかかり、交換だと在庫確認に2、3週間かかるそう。

引用:Amazonから一部抜粋

kernel Power コード41が頻発する初期不良。
OS初期化を行っても症状は改善せず。

HPのサポートに連絡し事情を説明したところ交換してもらえる事になった。
サポートの対応はとても良く満足だが交換に2週間ほど待たされる。

やっと新しい交換品が届いたので設定を始めた所10分足らずで同じエラーが出る。
調整したが症状は改善しないため、修理対応すると言われたが10日はかかる事と確実に直ると言い切れる状況でもないので、返品する事になった。

引用:Amazonから一部抜粋

どちらも口コミの方も初期不良にあたってしまったようですね。
それだけでなく、交換や修理に時間がかかったり、サポートの対応が良くないという口コミも…。

ちなみに、Amazonでは572件の評価がついていますが、星1と星2を合わせて8%でした。

『HP 15s-eq2000シリーズ』の良い口コミ

次は、『HP 15s-eq2000シリーズ』の良い口コミを見てみましょう。

妻のノートPCが不調になったのでいろいろ検討して決めました。

ウェブブラウズやメール、動画の閲覧等が主な使い方なので軽さとデザイン優先でしたが、価格以上の性能でした。
先日ZOOM会議もしていましたが全く問題なし、起動も終了も速くなったと喜んでいます。

引用:Amazon

Amazonのセールで購入しました。
映像もくっきりしているし、動作もサクサクしているため、現状はかなり満足しています。

引用:Amazon

初のSSD、初のRyzen、とても満足です。

以前使っていたHDDのノートPC(本体価格はこれより上)と比べると

  • 起動、動作が早い
  • 本体が薄い
  • 熱くならない
  • タッチパッドが横長で操作しやすい
  • PCからブーンって音がしない

これが税込\70,000なんて…すごい世の中になったものです。

引用:Amazon

重さ軽いですし、スペック的にも動画編集とか重い作業やらなければ全然普通に使えると思います。
バッテリーも持ちますし、画面も綺麗だなーっと思いました。
テンキーも付いてますし、厚さも薄いです。

引用:Amazon

個人的にHPが好きですしとにかくスピードが速いです。
3Dデータを使う仕事でも問題なく対応してくれる。

引用:Amazon

動作の速さなど、性能面での高評価が多かったですね。
また、価格も考えるとコスパが良いという口コミもよく見かけました。

ちなみに、Amazonでは572件の評価がついていますが、星5と星4を合わせて81%でした。

まとめ:【口コミ☆4.2】『hp 15s-eq2000』のレビュー

この記事では、HP(ヒューレット・パッカード)のノートパソコン『HP 15s-eq2000シリーズ』をご紹介しました。

最後に、この記事で紹介したRyzen5搭載モデルのポイントをまとめると、以下のようになります。

  • ビジネス用途であれば十二分な性能
  • 軽いゲームや動画編集もできる
  • バッテリー、サイズ的にも持ち運びしやすい
  • Officeソフトもついて71,500円(税込)

»Amazonでチェックする

1週間ほど触った感想としては、とてもコスパの良いノートパソコンですし、ビジネス用途でお探しであればぴったりです。

✔ 追記

以前は約70,000円で買えたRyzen5、SSD512GB、WPS Office付きのモデルをおすすめしていましたが、ここ数ヶ月で18,000円ほど高くなりました。

値上げを考えると、ビジネス用途のみであれば、70,000円(税込)で買えるRyzen3、SSD256GB、WPS Office付きのモデルでも良いですね。
»Amazonでチェックする

高くなったと言ってもコスパが良いことに変わりはないので、ビジネス用途のみならRyzen3搭載モデル、余裕を持ったスペックがほしいならRyzen5搭載モデルという選び方がおすすめです。

-ガジェット・周辺機器
-,

執筆者:

関連記事

【自分で直せる】ノートパソコンのヒンジ修理にはプラリペア【プロも愛用】

この記事では、ノートパソコンのヒンジ修理に最適な、プロ仕様の補修材について解説していきます。 私はパソコン修理の経験を通して、たくさんのヒンジ修理を行いました。 そして、いろいろな方法を試す中で最終的 …

【比較】HDDとSSD、どっちが良い?寿命や性能の違いを解説!

この記事では、HDDとSSDを比較し、その違いについて解説してします。 これからパソコンを買う方、故障して部品交換が必要な方は、ぜひ参考にしてください。 ✅ この記事で解決できる悩み H …

Blenderの推奨スペックとおすすめノートパソコン5選【2022年11月更新】

先日、Twitterにて、以下のリプライを頂きました。 Blender、iTunes、エクセル、ワードができるノートパソコンを探しています。 予算はOffice込みで11万円くらいです。 おすすめのノ …

【保存版】パソコン修理の値段・相場は?【Windows編】

この記事では、Windowsパソコンを修理に出したときの値段・相場について解説します。 私は年間300台以上を修理していますので、その実例や他社情報も踏まえ、修理内容ごとに詳しく書いていきます。 お客 …

【おすすめタブレット】Xiaomi Pad 5と10.2インチiPad(第9世代)を比較【動画視聴・ネットサーフィンに最適】

先日、友だちからダブレット購入に関して、以下の相談を受けました。 動画視聴とネットサーフィンしかしないんだけど、おすすめタブレットある? 同じ用途で探している方も多いだろうと思ったので、記事にすること …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

【修理・指導実績】
✔ パソコン修理歴5年/1,500件以上
Windows、Mac対応可能

✔ エクセル指導歴5年
職業訓練校、職業能力開発での指導経験あり

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年発売モデルの中で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

2022年現在でも、最適解の1台。
『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む

中古パソコンのおすすめショップ5選【パソコン修理のプロが厳選】

中古パソコンのおすすめショップ5選【パソコン修理のプロが厳選】
50台以上の中古パソコンを買ってきた私が選ぶ、おすすめの中古パソコンショップです。
特に、1位のショップは3年保証と無条件返品ができるので、安心して買うことができます。

中古パソコンで失敗しなくない方は、ぜひ。
»この記事を読む

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2022年11月更新】

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2022年11月更新】
パソコンショップのセール情報をまとめました。
ビジネス向け〜動画編集・ゲーミングPCまであり、最大75,000円OFFのセールも実施中です。

お得にパソコンを買いたい方は、ぜひセールを利用しましょう。
»この記事を読む

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む