Office

Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いと選び方

投稿日:2020年8月30日 更新日:

Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いと選び方

この記事では、Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いについて解説していきます。

何を重視するかにより、どちらを購入するかが変わります。
この記事を参考に、希望に合うほうを選んでみてください。

✅ この記事で解決できる悩み

  • Officeをインストールしたいと思っている
  • Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いを知りたい
  • Office2013とかOffice2016を使っているけど、買い替えた方が良いの?

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いは?

Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いは?

✔ Microsoft365とOffice365について

どちらも同じものです。
以前はOffice365と呼ばれていましたが、現在はMicrosoft365が正式名称となりました。

これ以降は、Microsoft365と統一して表記します。

違いをざっくりまとめると、以下の通りです。

Microsoft365 Office2019
購入形態 サブスク 買い切り
価格 月1,000円ほど 一括35,000円ほど
サービス OneDrive 1TB
電話サポートなど
なし
更新・アップグレード プログラム、バージョンともに常に最新 プログラム更新のみ

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

Microsoft365とOffice2019の最大の違いは購入形態

まず、Microsoft365とOffice2019の最大の違いは購入形態です。

  • Microsoft365=サブスクリプション(月額 or 年額払い。使っている間、費用がかかります)
  • Office2019=買い切り(一度買えば、ずっと使えます)

Officeもサブスクリプションサービスとして利用可能になったため、このように2形態となりました。

契約内容や購入エディションにより多少違いはありますが、費用は以下の通りです。

  • Microsoft365=月1,000円ほど
  • Office2019=一括35,000円ほど

3年くらい使うとすると、どちらも費用は変わりませんが、3年より短ければMicrosoft365のほうがお得、3年より長ければOffice2019のほうがお得という計算になります。

Microsoft365とOffice2019ではインストールできる台数が違う

Microsoft365とOffice2019では、インストールできる台数に違いがあります。

台数の違いは、以下の通りです。

  • Microsoft365=5台まで
  • Office2019=2台まで

台数のことだけ考えると、Microsoft365のほうがお得と言えますね。
ただ、家庭利用であれば2台インストールできれば十分かと思います。

3台以上にインストール予定がある場合は、Microsoft365を選択したほうが良いでしょう。

Microsoft365には追加サービスあり

Microsoft365を契約すると、Office以外のサービスも使えるようになります。

追加サービスの中で一番お得なのが、OneDriveが1TBまで使えるようになることです。

OneDriveとはオンラインストレージサービスの1つであり、Windows10に最初からインストールされています。
Windows10をお使いであれば、誰でも無料で5GBまで使えます。

ほとんどのオンラインストレージサービスが1TBだと月1,000円くらいかかりますので、これはかなりお得です。

最初からOneDriveを有料契約するつもりなら、これだけを理由にMicrosoft365にしても良いくらいです。

その他には、電話サポートがついていたりもします。
サービス面だけ考えれば、Microsoft365のほうが良いですね。

Microsoft365とOffice2019の更新・アップグレードの違い

次は、Microsoft365とOffice2019の更新・アップグレードの違いを見ていきましょう。

これもかなり大きな違いがあります。

OfficeはOffice2013、2016、2019というように、だいたい3年に1回、新しいバージョンが発売されます。
Office2019もプログラムの更新などはできますが、次のバージョン(おそらく2022)へのアップグレードはできません。

ところが、Microsoft365であれば、常に最新のOfficeが使えます。

ただ、Office2013や2016を使っている方がMicrosoft365にして最新のOfficeを使った方が良いかといえば、そうは思いません。

1つ前、2つ前のOfficeでも大きく操作が変わるわけではありませんので、Officeを新しくするという観点での買い直しは必要ないと考えています。

Microsoft365とOffice2019の選び方

Microsoft365とOffice2019の選び方

それでは、ここまで見てきた違いを元に、Microsoft365とOffice2019の選び方を見てみましょう。

✔ Microsoft365は誰におすすめか?

  • 常に最新のOfficeを使いたい
  • オンラインストレージサービスの有料契約を考えている
  • 半年や1年など、短い期間でのOffice使用を考えている
  • 3台以上に端末にインストールしたい

✔ Office2019は誰におすすめか?

3年以上の長い期間での使用を考えている

上記のような選び方で大丈夫です。

Office2019に関しては、長い期間使えば使うほど1ヶ月あたりの費用が下がることがメリットです。
それ以外はMicrosoft365のほうがメリットが多いので、ここが一番の決め手になります。

まとめ:Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いと選び方

この記事では、Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いと選び方を見てきました。

もう一度、ポイントだけ確認してみましょう。

Microsoft365 Office2019
購入形態 サブスク 買い切り
価格 月1,000円ほど 一括35,000円ほど
サービス OneDrive 1TB
電話サポートなど
なし
更新・アップグレード プログラム、バージョンともに常に最新 プログラム更新のみ
誰におすすめか? ・常に最新のOfficeを使いたい
・オンラインストレージサービスの有料契約を考えている
・半年や1年など、短い期間でのOffice使用を考えている
・3台以上に端末にインストールしたい
3年以上の長い期間での使用を考えている

ちなみに、Amazonと楽天では、Amazonのほうが安いです。

この他、OfficeSuiteやLibreOfficeの記事も書いていますので、他のソフトも検討したい場合は、下記をどうぞ。

-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

Excelで以上・以下などの不等号とノットイコール(≠)を表す方法

✅ この記事で解決できる悩み 以上・以下の書き方を知りたい 〜より大きい・〜より小さいの書き方を知りたい ノットイコール(≠)の書き方を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ …

【Excel】条件付き書式で文字やセルに色付け【画像つきで解説】

この記事では、条件付き書式の使い方について解説しています。 条件付き書式を使えば、条件を満たすセルの文字色やセル自体の色を変えることができます。 パターンもいくつか解説していますので、ぜひ参考にしてく …

【Excel】グラフの作り方を基礎から複合グラフまで完全解説!

✅ この記事で解決できる悩み Excelでのグラフの作り方を知りたい グラフの細かい設定方法を知りたい 縦棒と折れ線を複合させたグラフの作り方を知りたい 第2軸を使った見やすい表示方法を …

【無料あり】自宅でできるエクセルの勉強方法【初心者〜中級者向け】

この記事では、自宅でできるエクセルの勉強方法について解説していきます。 エクセルの勉強と言っても、さまざまな選択肢があります。 教室に通う 本を買って勉強する オンライン講座を受ける そこで、この記事 …

【EXCEL】LEN関数の使い方と応用【身近な例を3つ解説】

この記事では、LEN関数の基本的な使い方から応用までを具体的に解説しています。 応用では、具体例を3つ紹介します。 どれも身近なもので例えましたので、イメージしながら、より理解を深めてもらえたらと思い …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。