Office

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方【Excel】

投稿日:2020年8月11日 更新日:

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方【Excel】

この記事では、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方を解説していきます。

また、MATCH関数をVLOOKUP関数、HLOOKUP関数への応用する方法も解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

✅ この記事で解決できる悩み

  • INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方を知りたい
  • MATCH関数のVLOOKUP関数、HLOOKUP関数への応用方法も知りたい
  • 実際の仕事に活かせるMATCH関数の使い方を知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


【Excel】INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方

【Excel】INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方

この記事では関数の挿入を使い、関数を入れていきます。
直接関数を入力する方法、関数の挿入を使う方法の違いは、下記記事で解説しています。
»関数の入れ方【EXCEL/直接入力と関数の挿入の使い方】

それでは、以下の順番で見ていきましょう。

INDEX関数とMATCH関数のおさらい

具体的な解説に入っていく前に、出てくる関数の使い方をしっかり押さえてから読み進めましょう。
INDEX関数、MATCH関数の使い方は、下記記事で詳しく解説しています。

INDEX関数というのは、探している値が範囲(表)の中の何行目、何列目にあるかがわかっていれば、そこにある値を取ってこれる関数でしたね。
逆に言うと、何行目、何列目にあるかがわかっていないと、使えないものでした。

MACTH関数がどういった関数だったかというと、探している検査値が範囲(表)の中の何行目、何列目にあるのかを教えてくれるものでした。

つまり、2つの関数を組み合わせてできることは、下記の通りです。

  1. MATCH関数で行番号、列番号を探し出す
  2. その行番号、列番号をINDEX関数に入れ、探している値を取ってくる

INDEX関数に当てはめて考えると、以下のようになります。

INDEX(配列,行番号,列番号)

この行番号、列番号にMATCH関数を当てはめます。

  • 配列 …配列
  • 行番号…MATCH関数で探してきた行番号
  • 列番号…MACTH関数で探してきた列番号

つまり、以下のように書くことができます。

INDEX(配列,MATCH関数で探してきた行番号,MACTH関数で探してきた列番号)

それでは、具体例を見ながら、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方をマスターしていきましょう。

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方

ここからは、具体例を見ながら、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方を解説していきます。

文房具の単価と在庫数の管理表を使い、次のような例を考えてみます。

INDEX関数とMATCH関数を使い、以下の表からノートの在庫数を求めてみましょう。

文房具の単価と在庫数の管理表

上記画像は3行×5列なので、『ノートの在庫数は?』と聞かれたら、すぐに50とわかります。
では、この表が100×100だったり、別のシートにあるときはどうでしょうか。

探すのはかなり面倒ですね。

そういう時に使えるのが、INDEX関数とMATCH関数の組み合わせです。
INDEX関数だけでもできないことはないですが、100行ある中のどこに『在庫数』があるのかを探してくるのは現実的ではないですね。

ということで、それらを解決する方法を見ていきましょう。

文房具の単価と在庫数の管理表

まずは、MATCH関数を使い、在庫数、ノートがそれぞれ何行目、何列目にあるのか求めます。

MATCH関数で行番号、列番号を求める

MATCH関数の決まり

在庫数の行番号は、以下のように求めることができます。

  • 検査値  …在庫数
  • 検査範囲 …A1:A3
  • 照合の種類…0

式で書くと、下記のようになります。

=MATCH(“在庫数”,A1:A3,0)

次は、ノートの列番号を求めてみましょう。

  • 検査値  …ノート
  • 検査範囲 …A1:E1
  • 照合の種類…0

式で書くと、下記のようになります。

=MATCH(“ノート”,A1:E1,0)

在庫数もノートも文字列なので、 ” を忘れないようにしましょう。

これを使って、INDEX関数を完成させます。

求めた行番号、列番号をINDEX関数の関数に入れる

INDEX関数の決まり

  • 配列 …A1:E3
  • 行番号…MATCH(“在庫数”,A1:A3,0)
  • 列番号…MATCH(“ノート”,A1:E1,0)
=INDEX(A1:E3,MATCH(“在庫数”,A1:A3,0),MATCH(“ノート”,A1:E1,0))

これで、ノートの在庫数が取ってこれましたね。

MATCH関数をVLOOKUP関数、HLOOKUP関数へ応用する方法

MATCH関数をVLOOKUP関数、HLOOKUP関数へ応用する方法

具体的な解説に入っていく前に、出てくる関数の使い方をしっかり押さえてから読み進めましょう。
MATCH関数、VLOOKUP関数、HLOOKUP関数の使い方は、下記記事で詳しく解説しています。

基本的にはINDEX関数のときと同じ方法になります。

というのも、VLOOKUP関数、HLOOKUP関数には、それぞれ以下のように列番号、行番号が入っています。

  • VLOOKUP(検索値、範囲、列番号、検索方法)
  • HLOOKUP(検索値、範囲、行番号,検索方法)

この列番号、行番号を探してくるのに、MATCH関数を使えば良いんですね。

文房具の単価と在庫数の管理表

まずは、VLOOKUP関数でノートの在庫数を取ってきてみます。

  • 検索値 …在庫数
  • 範囲  …A1〜E3
  • 列番号 …MATCH(“ノート”,A1:E1,0)
  • 検索方法…False
=VLOOKUP(“在庫数”,A1:E3,MATCH(“ノート”,A1:E1,0),False)

次はHLOOKUP関数でノートの在庫数を取ってきてみます。

  • 検索値 …ノート
  • 範囲  …A1〜E3
  • 行番号 …MATCH(“在庫数”,A1:A3,0)
  • 検索方法…False
=HLOOKUP(“ノート”,A1:E3,MATCH(“在庫数”,A1:A3,0),False)

このように、行番号、列番号を使う関数にはMATCH関数を使うことができます。
そして、MATCH関数を使うことにより、完全に自動で値を取ってきてくれるわけですね。

まとめ:【Excel】INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方

この記事では、INDEX関数とMATCH関数の組み合わせた使い方をメインに、VLOOKUP関数、HLOOKUP関数への応用方法も解説しました。

行番号、列番号が必要な関数のときは、MATCH関数を使うと便利になるということですね。
応用のきく関数ですので、ぜひ押さえておきましょう。

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ







-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

【Excel】RANK関数、RANK.EQ関数の使い方を解説!

この記事では、RANK.EQ関数について解説していきます。 RANK関数というものもありますが、基本的には同じものです。 RANK関数というのは、Office2007以前に対応した関数で、今度はRAN …

【Excel】今日の日付や現在の時刻を求める関数とショートカット

この記事では、今日の日付や現在の時刻を求める関数とショートカットについて解説しています。 また、今日の日付を使った応用と日付や時刻表示に関する注意点もまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。 & …

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelの関数を学習したい方向け。 この記事では、Excelの関数を基礎から上級までまとめました。 実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜ …

CONCAT関数とは?使い方や読み方をExcel講師が解説!

✅ この記事で解決できる悩み CONCAT関数の使い方や読み方を知りたい 違うセルにある文字列の結合をしたい ✅ 記事の信頼性 もくじ ExcelのCONCAT関数とは?使 …

ExcelをPDFに変換する3つの方法【ツール不要で簡単】

この記事では、ExcelをPDFファイルで保存、書き出す方法を解説しています。 Excelで作成した書類をPDFファイルで保存したり、相手に送りたい場合も多いと思います。 ツールや変換サイトを使わなく …




プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年発売モデルの中で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。
2022年現在でも、いまだにコスパ1位です。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む