Office

COUNT関数とCOUNTA関数の違いは?Excel講師が解説!

投稿日:2020年9月6日 更新日:

COUNT関数とCOUNTA関数の違いは?Excel講師が解説!

この記事では、COUNT関数とCOUNTA関数にはどういった違いがあるのかを解説していきます。

また、COUNT関数とCOUNTA関数の基本的な決まりや具体例も解説していますので、違いを知り、うまく使い分けられるようにしましょう。

✅ この記事で解決できる悩み

  • COUNT関数とCOUNTA関数の使い方を知りたい
  • COUNT関数とCOUNTA関数の違いを知りたい
  • 個数が合わないときの原因を知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


【Excel】COUNT関数とCOUNTA関数の使い方

【Excel】COUNT関数とCOUNTA関数の使い方

まずは、COUNT関数とCOUNTA関数には、どのような決まりがあるのか、どういったときに使うのかを見ていきます。

この記事では関数の挿入を使い、関数を入れていきます。
直接関数を入力する方法、関数の挿入を使う方法の違いは、下記記事で解説しています。
»関数の入れ方【EXCEL/直接入力と関数の挿入の使い方】

COUNT関数

ExcelのCOUNT関数とは?

COUNT関数には、上記のような決まりがあります。
『範囲内の、数値が含まれるセルの個数を返します』

ポイントは赤枠の部分です。

『数値データだけがカウントされます』

COUNT関数が数えられるのは、数値データのみなんですね。
つまり、文字列が入っているセルや空白のセルは数えられません

数値データとは、数値や日付など、計算式で計算できるものになります。

このような決まりになっていますので、COUNT関数は数値データが入ったセルの数を数えたいときに使います

COUNTA関数

ExcelのCOUNTA関数とは?

COUNTA関数には、上記のような決まりがあります。
『範囲内の、空白でないセルの個数を返します』

COUNTA関数は、空白以外のセルの数を数えることができます。

赤枠の部分にも書かれていますが、『すべてのデータ型の値が計算の対象となります』。

つまり、数値でも文字列でも、セル内に何か入っていればカウントしてくれます

このような決まりになっていますので、COUNTA関数は数値データや文字列を含めた、空白以外のセルの数を数えたいときに使います

【Excel】COUNT関数、COUNTA関数の違いは?

【Excel】COUNT関数、COUNTA関数の違いは?

ここまでで、COUNT関数とCOUNTA関数の基本的な決まりとどういったときに使うのかがわかりました。

ここからは具体例なども交え、COUNT関数とCOUNTA関数の違いをしっかり押さえていきましょう。

COUNT関数とCOUNTA関数の違いは、数えられるデータの種類

COUNT関数とCOUNTA関数の違いを簡単にまとめてみましょう。

  • COUNT関数
    →数値が入ったセルの数を数えたいとき
  • COUNTA関数
    1. 空白以外のデータを数えたいとき
    2. 文字列なども含んだセルの数を数えたいとき

このように、COUNT関数は数値データのみを、COUNTA関数はどんな種類のデータでも数えることができました。

では、実際に具体例を見て、理解を深めていきましょう。

具体例:COUNT関数とCOUNTA関数の使い方

いくつか簡単な具体例を見ていきます。
具体例では、下記の表を使います。

くだものの納品日と個数管理表

COUNT関数

B列(次回納品日)に日付が入っているセルの数を数えてみます。
次回納品日の範囲がB2〜B7なので、入れる式は以下のようになります。

=COUNT(B2:B7)

COUNT関数の使い方①

式が合っているのを確認し、ENTERキーを押します。

COUNT関数の使い方②

答えは『4』となりました。
数えるのは数値のみなので、文字列の『キャンセル』はカウントされません。

同じように、C列(納品個数)に個数が入っているセルの数を数えてみます。
納品個数の範囲がC2〜C7なので、入れる式は以下のようになります。

=COUNT(C2:C7)

COUNT関数の使い方③

式が合っているのを確認し、ENTERキーを押します。

COUNT関数の使い方④

答えは『5』となりました。
納品個数には数値しか入っていないため、データが入っているセルを全て数えられました。

COUNTA関数

COUNT関数と同じように、B列(次回納品日)とC列(納品個数)にデータが入っているセルの数を数えてみます。

まずは、次回納品日をみてみましょう。

COUNTA関数の使い方①

上記のような式が入ります。

COUNTA関数の使い方②

返ってきた答えは『5』でした。
COUNTA関数は文字列『キャンセル』も数えることができるため、COUNT関数のときより1つ増えました。

納品個数の列も数えていきます。

COUNTA関数の使い方③

こちらも、上記のような式が入ります。

COUNTA関数の使い方④

答えは『5』となりました。
空白セルが1つあるので、それ以外のセルが数えられました。

数値データしか入っていない場合は、COUNT関数でもCOUNTA関数でも同じ結果が得られます

ただし、数値データしか入っていないはずなのに、たまに答えが合わないことがあります。
次は、答えが合わないときの原因について見てみましょう。

COUNT関数とCOUNTA関数の答えが合わないときの原因

上記で見たように、数値データしか入っていない場合は、COUNT関数でもCOUNTA関数でも同じ結果が得られるはずです。

ところが、COUNT関数とCOUNTA関数の答えが合わないことがあります。
ここでは、よくある例を1つ見てみましょう。

COUNT関数とCOUNTA関数の答えが合わないときの例①

先ほどと同じように見えますが、答えが『6』になっています。
どういうことでしょう。

実は…

COUNT関数とCOUNTA関数の答えが合わないときの例②

このように、スペースが入ってしまっています。

COUNTA関数は、空白以外のセルは全て数えてくれます。
そのため、目には見えなくてもデータ(この例だとスペース)が入っていれば、1つとカウントするわけですね。

うまく個数が合わないときは、このようなこともありますので、注意が必要です。

まとめ:COUNT関数とCOUNTA関数の違い

この記事では、COUNT関数とCOUNTA関数の違い、それぞれの関数の使い方をみてきました。

違いは、以下の通りでしたね。

  • COUNT関数
    →数値データが入ったセルの数を数えたいとき
  • COUNTA関数
    1. 空白以外のデータが入ったセルの数を数えたいとき
    2. 文字列なども含んだセルの数を数えたいとき

ポイントを押さえて、しっかり使い分けていきましょう。

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ

-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelの関数を学習したい方向け。 この記事では、Excelの関数を基礎から上級までまとめました。 実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜ …

【Excel】関数を使い、四捨五入・切り捨て・切り上げをする方法

この記事では、Excelの関数を使った四捨五入・切り捨て・切り上げの方法を解説します。 使う関数は、以下の3つです。 四捨五入・・・ROUND関数 切り捨て・・・ROUNDDOWN関数 切り上げ・・・ …

OfficeSuiteは評判通り?料金や互換性も解説【比較あり】

この記事では、『コストは最小限、必要機能は十分』がコンセプトのOfficeSuiteをご紹介します。 コンセプトの通り、お手頃価格で、必要な機能が一通り揃っています。 無料ソフトでは不安だけど、Mic …

Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いと選び方

この記事では、Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いについて解説していきます。 何を重視するかにより、どちらを購入するかが変わります。 この記事を参考に、希望に合う …

Excel:FLOOR関数、CEILING関数の使い方【時間を15分単位で切り捨て、切り上げる方法】

✅ この記事で解決できる悩み FLOOR関数の使い方を知りたい CEILING関数の使い方を知りたい 時間を切り上げる、切り捨てる方法を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

【修理・指導実績】
✔ パソコン修理歴5年/1,500件以上
Windows、Mac対応可能

✔ エクセル指導歴5年
職業訓練校、職業能力開発での指導経験あり

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年発売モデルの中で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

2022年現在でも、最適解の1台。
『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む

中古パソコンのおすすめショップ5選【パソコン修理のプロが厳選】

中古パソコンのおすすめショップ5選【パソコン修理のプロが厳選】
50台以上の中古パソコンを買ってきた私が選ぶ、おすすめの中古パソコンショップです。
特に、1位のショップは3年保証と無条件返品ができるので、安心して買うことができます。

中古パソコンで失敗しなくない方は、ぜひ。
»この記事を読む

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2022年11月更新】

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2022年11月更新】
パソコンショップのセール情報をまとめました。
ビジネス向け〜動画編集・ゲーミングPCまであり、最大75,000円OFFのセールも実施中です。

お得にパソコンを買いたい方は、ぜひセールを利用しましょう。
»この記事を読む

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む