Office

【Excel】INT関数の使い方とROUNDDOWN関数との違い

投稿日:2020年9月11日 更新日:

【Excel】INT関数の使い方とROUNDDOWN関数との違い

この記事では、ExcelのINT関数について解説していきます。

INT関数の基本的な使い方だけでなく、ROUNDDOWN関数との違いや、INT関数だけで四捨五入、切り上げする方法も解説しています。
ぜひ、最後まで読んで、INT関数の使い方をマスターしましょう。

✅ この記事で解決できる悩み

  • INT関数の使い方を知りたい
  • INT関数を使って、四捨五入や切り上げをする方法を知りたい
  • INT関数とROUNDDOWN関数の違いを知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


【Excel】INT関数の使い方

【Excel】INT関数の使い方

それでは、INT関数の使い方と、INT関数とROUNDDOWN関数の違いについて、詳しく見ていきましょう。

ここでは、以下の3つに分けて解説していきます。

ExcelのINT関数とは?

この記事では関数の挿入を使い、関数を入れていきます。
直接関数を入力する方法、関数の挿入を使う方法の違いは、下記記事で解説しています。
»関数の入れ方【EXCEL/直接入力と関数の挿入の使い方】

ExcelのINT関数とは?

INT関数には上記のような決まりがあります。
『切り捨てて整数にした値を返します』

指定するものは数値だけで、以下のように書きます。

=INT(数値)

例えば、130.65という数値に対してINT関数を使うと、下記のようになります。

INT(130.65)=130

このように、任意の数値の小数点以下を切り捨てて、整数表示してくれます。

INT関数は数値を整数で表示させたいときに使いましょう

具体例として、買い物したときの消費税について考えてみましょう。
ここでは、消費税を10%とします。

12,055円の買い物をすると、消費税が1,205.5円つきますね。

ただ、0.5円というのは存在しないので、実際の消費税は1,205円です。
つまり、小数点以下を切り捨てているわけですね。

INT関数は、こういうときに使います。
例に出した消費税を式で書くと、以下のようになります。

消費税→INT(12,055×0.1)=1,205円

数値が負の数のときは、注意が必要

INT関数は、数値の小数点以下を切り捨てて、整数表示させる関数だと説明しましたが、数値が負の数(マイナス)のときは注意が必要です。

1つ例を見てみましょう。

-123.4という数値があったとします。
INT関数に当てはめると、-123となりそうですが、実は違うのです。

正解は、以下の通りです。

INT(-123.4)=-124

INT関数を使った場合、より小さい数値で整数表示されますので、覚えておきましょう。

INT関数で四捨五入、切り上げをする方法

INT関数で四捨五入、切り上げをする方法もあります。

結論だけ先に書くと、以下のように書くことで、四捨五入、切り上げができるようになります。

  • 四捨五入→INT(数値+0.5)
  • 切り上げ→INT(数値+1)

なぜ、この書き方で四捨五入できるのか、詳しく見てみましょう。

例えば『1.0〜1.4』に0.5を足すと『1.5〜1.9』となります。
『1.5〜1.9』に対しINT関数を使うと、小数点以下は切り捨てられ、得られる結果は1となります。

ところが、『1.5〜1.9』に0.5を足すと『2.0〜2.4』となります。
『2.0〜2.4』に対しINT関数を使うと、小数点以下は切り捨てられ、得られる結果は2となります。

このように、+0.5をした数値に対しINT関数を用いることにより、四捨五入したときと同じ結果が得られます。

切り上げについても同じ要領で考えると、なぜ+1をするのかがわかります。

ただ、ここまでするなら、四捨五入、切り上げに関してはROUND関数、ROUNDUP関数を使った方が楽ですね。
»【Excel】関数を使い、四捨五入・切り捨て・切り上げをする方法

INT関数とROUNDDOWN関数の違いは、切り捨てる桁数を指定できるかどうか

INT関数とROUNDDOWN関数の違いは、切り捨てる桁数を指定できるかどうか

特定の桁数以降の数値を切り捨てる関数にROUNDDOWN関数というものがあります。

ROUNDDOWN関数の詳しい解説は下記をどうぞ。
»【Excel】関数を使い、四捨五入・切り捨て・切り上げをする方法

INT関数もROUNDDOWN関数も数値を切り捨てるという性質は同じです。
ただ、名前が違うように、違うところがあります。

その違いは、以下の通りです。

INT関数とROUNDDOWN関数の違いは、切り捨てる桁数を指定できるかどうか、です。

  • INT関数→小数点以下を切り捨て
  • ROUNDDOWN関数→指定した桁数で切り捨て

このような違いがあります。

ちなみに、INT関数とROUNDDOWN関数は、それぞれ以下のような関係があります。

INT(数値)=ROUNDDOWN(数値,0)

ただし、数値が正の数のときに限る。

両方、小数点以下を切り捨てるということを意味しています。

まとめ:【Excel】INT関数の使い方とROUNDDOWN関数との違い

この記事では、INT関数の使い方とROUNDDOWN関数との違いについて解説しました。

似た関数で、ROUND関数、ROUNDDOWN関数、ROUNDUP関数というものもありますので、状況に応じて使い分けましょう。
»【Excel】関数を使い、四捨五入・切り捨て・切り上げをする方法

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ

-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

【Excel】今日の日付や現在の時刻を求める関数とショートカット

この記事では、今日の日付や現在の時刻を求める関数とショートカットについて解説しています。 また、今日の日付を使った応用と日付や時刻表示に関する注意点もまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。 & …

【Excel】プルダウン(ドロップダウン)の作り方!編集から解除までを画像つきで解説!

✅ この記事で解決できる悩み プルダウンリスト(ドロップダウンメニュー)を作りたい 編集、解除の仕方を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ プルダウン(ドロップダウン)とは? …

Excel講師が選ぶおすすめ本(参考書)は『FOM出版よくわかるExcel』【初心者〜中級者向け】

数ある参考書の中で、一番おすすめなのは『FOM出版 よくわかるExcel』シリーズです。 »『FOM出版 よくわかるExcel』シリーズ 書籍版、Kindle版とあり、お好きな方を選ぶことができます。 …

【Excel】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

この記事では、関数を使い、日付から年だけ、月だけ、日だけを取り出す方法と日付から曜日を表示する方法の2つを解説しています。 より理解を深めるために、Excelでの日付のルールも解説していますので、ぜひ …

Excel:FIND関数の使い方と応用/SEARCH関数との違いは?

✅ この記事で解決できる悩み FIND関数の使い方を知りたい FIND関数の応用例を見たい SEARCH関数との違いを知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ 【Excel】FI …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。