Office

Excelで以上・以下などの不等号とノットイコール(≠)を表す方法

投稿日:2020年11月7日 更新日:

Excelで以上・以下などの不等号とノットイコール(≠)を表す方法

この記事では、Excelで以上・以下などの不等号とノットイコール(≠)を表す方法を解説していきます。

条件を指定するときなど、幅広く使えますので、ぜひマスターしましょう。

✅ この記事で解決できる悩み

  • 以上・以下の書き方を知りたい
  • 〜より大きい・〜より小さいの書き方を知りたい
  • ノットイコール(≠)の書き方を知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


Excelで以上・以下などの不等号とノットイコール(≠)を表す方法

Excelで以上・以下などの不等号とノットイコール(≠)を表す方法

ざっくりまとめると以下のようになります。

不等号 書き方 読み方
A1が50以上 A1>=50 A1 大なりイコール 50
A1が50以下 A1<=50 A1 小なりイコール 50
A1が50より大きい A1>50 A1 大なり 50
A1が50より小さい A1<50 A1 小なり 50
A1は50ではない A1<>50 A1 小なり大なり 50

それでは、以下の4つに分けて詳しく見ていきましょう。

以上・以下の書き方

  • 以上・・・ >=
  • 以下・・・ <=

以上、以下は上記のように、不等号と等号を組み合わせて表します。

いくつか例を見てみましょう。

『A1が100以上』は『A1>=100』と書きます。
読み方は『A1 大なりイコール 100』です。

『A1が50以下』は『A1<=50』と書きます。
読み方は『A1 小なりイコール 50』です。

以上、以下は指定した数値も含むため、イコール(=)が必要です。

また、以下の2つは同じ意味です。

  • A1>=100
  • 100<=A1

左右が入れ替わっていますが、不等号の向きが変わるだけなので、どちらでも大丈夫です。

ただし、1つ注意点があります。
それは、必ず不等号(<、>)を先に書き、その後にイコール(=)をつけることです。

単純に左右を入れ替えるだけだと、『100=<A1』となりそうですが、これだとエラーになりますので、注意しましょう。

必ず、不等号(<、>)が先、イコール(=)は後です。

〜より大きい・〜より小さいの書き方

  • 〜より大きい・・・ >
  • 〜より小さい・・・ <

基本的には、以上、以下と同じ決まりです。
違いは、イコール(=)があるかどうかです。

〜よりというのは、指定した数値は含まないため、イコール(=)が必要ありません。

こちらも例を見てみましょう。

『A1は100より大きい』は『A1>100』と書きます。
読み方は『A1 大なり 100』です。

『A1が50より小さい』は『A1<50』と書きます。
読み方は『A1 小なり 50』です。

また、左右の入れ替えに関しては、単純に不等号の向きが変わるだけです。

ノットイコール(≠)の書き方

ノットイコール・・・ <>

エクセルでは、≠が使えません。
そのため、ノットイコールは<>で表します。

『A1が100でない』は『A1<>100』と書きます。
読み方は『A1 小なり大なり 100』です。

意外と知らない方も多いですが、知っていると非常に便利です。

〜以上ー以下の書き方

AND関数と組み合わせよう

〜以上ー以下を表したい場合もありますね。
A1が50〜100のような場合です。

ここでは、『A1が50より大きく、100より小さい』をどう表すか考えてみましょう。

数学のように考えると、50<A1<100となりそうですね。

ただし、Excelでは、これは間違いです。
なぜなら、エクセルでは、A<Bのように2つのものしか比較できないからです。

そこで出てくるのが、AND関数です。

※AND関数の詳しい解説は、下記記事をどうぞ。
»ExcelのAND関数とIF関数を組み合わせた使い方【複数条件】

『A1が50より大きく、100より小さい』は以下のように考えます。

『A1が50より大きい』を満たし、かつ、『A1が100より小さい』を満たす

AND関数に入れると、下記のようになります。

AND(A1>50,A1<100)

人によっては、下記のほうがわかりやすいかもしれません。

AND(50<A1,A1<100)

このように、数値が範囲になっている場合は、AND関数を使いましょう。

まとめ:以上・以下などの不等号とノットイコール(≠)を表す方法

この記事では、以上・以下の書き方や〜より大きい、〜より小さいの書き方、また、ノットイコールの書き方を解説しました。

まとめると以下のようになります。

不等号 書き方 読み方
A1が50以上 A1>=50 A1 大なりイコール 50
A1が50以下 A1<=50 A1 小なりイコール 50
A1が50より大きい A1>50 A1 大なり 50
A1が50より小さい A1<50 A1 小なり 50
A1は50ではない A1<>50 A1 小なり大なり 50

不等号の向きやイコールの有無が違うだけなので、間違えないように注意しましょう。

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ

-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

Excelで表の行列を入れ替える方法を画像つきで解説

✅ この記事で解決できる悩み 行と列を入れ替える方法を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ Excelで表の行列を入れ替える方法 貼り付けを使って行列を入れ替える方法 関数を …

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方【Excel】

この記事では、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせた使い方を解説していきます。 また、MATCH関数をVLOOKUP関数、HLOOKUP関数への応用する方法も解説しますので、ぜひ最後までご覧くだ …

DATE関数を使って日付を計算する方法をExcel講師が解説!

この記事では、Excelで1ヶ月後や1年後など、日付を計算する方法を解説しています。 この記事の方法を使えば、更新時期や締切日など、ルールが決まっているものは簡単に表示させることができます。 また、そ …

【応用】ExcelのVLOOKUP関数とHLOOKUP関数を組み合わせた使い方

この記事では、VLOOKUP関数とHLOOKUP関数組み合わせた使い方を解説しています。 どちらもよく使う関数ですので、実用的な使い方をマスターしていきましょう。 ✅ この記事で解決でき …

Excel:FIND関数の使い方と応用/SEARCH関数との違いは?

✅ この記事で解決できる悩み FIND関数の使い方を知りたい FIND関数の応用例を見たい SEARCH関数との違いを知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ 【Excel】FI …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年発売モデルの中で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

2022年現在でも、最適解の1台。
『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む

中古パソコンのおすすめショップ3選【パソコン修理のプロが厳選】

中古パソコンのおすすめショップ3選【パソコン修理のプロが厳選】
50台以上の中古パソコンを買ってきた私が選ぶ、おすすめの中古パソコンショップです。
特に、1位のショップは3年保証と無条件返品ができるので、安心して買うことができます。

中古パソコンで失敗しなくない方は、ぜひ。
»この記事を読む

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2022年9月更新】

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2022年9月更新】
パソコンショップのセール情報をまとめました。
ビジネス向け〜動画編集・ゲーミングPCまであり、最大65,000円OFFのセールも実施中です。

お得にパソコンを買いたい方は、ぜひセールを利用しましょう。
»この記事を読む

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む