Office

ExcelのSUMIF関数の使い方【検索条件に合う数値の合計】

投稿日:2020年7月31日 更新日:

ExcelのSUMIF関数の使い方【検索条件に合う数値の合計】

この記事では、SUMIF関数について解説していきます。

SUM関数の仲間で、特定の条件に合うものだけを合計する関数です。
Excelを使っていると、よく出てくる関数なので、ぜひ使い方を押さえておきましょう。

✅ この記事で解決できる悩み

  • SUMIF関数の使い方を知りたい
  • 検索条件を含むセルの合計を出したい
  • 空白以外のセルの合計を出したい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


【Excel】SUMIF関数とは?

この記事では関数の挿入を使い、関数を入れていきます。
直接関数を入力する方法、関数の挿入を使う方法の違いは、下記記事で解説しています。
»関数の入れ方【EXCEL/直接入力と関数の挿入の使い方】

【Excel】SUMIF関数とは?

SUMIF関数には、上記のような決まりがあります。
『指定された検索条件に一致するセルの値を合計します。』

これを理解するためには、SUM関数から見ていくと良いです。

SUM関数とは、『指定した範囲の値を合計する』関数です。

これを以下の表を使って見ていきましょう。

文房具の売上管理表

このように、文房具の売上を管理していたとします。
8/1〜8/7までの売上を出す時は、C2〜C17の値を合計すれば良いですね。

これが、『指定した範囲の値を合計する』です。

では、ノートの売上を知りたい時はどうしますか?

上の例では、8/1〜8/7までを例にしているので、ノートが売れたのは3回だけです。
ただ、これが1ヶ月、2ヶ月…1年となると、数えるのは大変ですね。

このようなときに使うのが、SUMIF関数です。

つまり、色々ある品名の中からノートのセルを探し、その隣の値を取ってきて合計します。
これが、『指定された検索条件に一致するセルの値を合計します』です。

【Excel】SUIMIF関数の使い方をわかりやすく解説

【Excel】SUIMIF関数の使い方をわかりやすく解説

それでは、SUIMIF関数の使い方を見ていきましょう。
解説では、上記の文房具の売上管理表を使います。

SUMIF関数の使い方をしっかりマスターするために、次の2つの例を解説していきます。

希望の条件に合うセルの合計を求めてみよう

ノートの合計金額を求めてみましょう。

画像を見ながら進めていきます。
それぞれ、該当するところに、同じ色をつけました。

 ExcelのSUMIF関数の使い方①

範囲を青枠、合計範囲を赤枠にしました。

ExcelのSUMIF関数の使い方②

指定するのは、以下の3つです。

  • 範囲  …この範囲の中に
  • 検索条件…この条件に一致するものがあれば
  • 合計範囲…ここから数値を取ってきて合計する

今回の例に当てはめると、以下のようになります。

  • 範囲  …品名の中に(青枠)
  • 検索条件…ノートというセルがあれば
  • 合家範囲…価格から数値を取ってきて合計する(赤枠)

これを対応するセルに置き換えると、次のようになります。

  • 範囲  …B2〜B17
  • 検索条件…ノート
  • 合計範囲…C2〜C17

これをこのまま関数の引数に当てはめれば、求める答えが出ます。
式で書くと、下記の通りです。

=SUMIF(B2:B17,”ノート”,C2:C17)

ノートは文字列なので ” をつけるのを忘れないようにしましょう。

空白以外のセルの合計を求めてみよう

私が実際にエクセルを教えていると『空白以外の合計を出せるようにしたい』と言われる事が多いです。
あるポイントだけ押さえてしまえば簡単ですので、こちらも見てみましょう。

ポイントは『空白以外のセル』をどう表現するかです。

空白以外=空白ではない=何かしらの文字が入っている

つまり、何かしらの文字が入っているセルの合計をすれば、空白以外のセルの合計が出せます。

『何かしらの文字が入っている』の表し方は “*” です。
*が任意の文字列を表します。

再度、以下の表を見てみましょう。

ExcelのSUMIF関数の使い方③

指定するのは、以下の3つでしたね。

  • 範囲  …この範囲の中に
  • 検索条件…この条件に一致するものがあれば
  • 合計範囲…ここから数値を取ってきて合計する

今回の例に当てはめると、以下のようになります。

  • 範囲  …品名の中に
  • 検索条件…”*” セルがあれば
  • 合家範囲…価格から数値を取ってきて合計する

これを対応するセルに置き換えると、次のようになります。

  • 範囲  …B2〜B17
  • 検索条件…”*”
  • 合計範囲…C2〜C17

これをこのまま関数の引数に当てはめれば、求める答えが出ます。
式で書くと、下記の通りです。

=SUMIF(B2:B17,”*”,C2:C17)

まとめ:ExcelのSUMIF関数の使い方【検索条件に合う数値の合計】

この記事では、SUMIF関数の使い方について解説しました。

SUMIF関数の基礎に関しては、ここで解説したポイントだけ押さえておけば、問題ないです。
あとは、あなたの希望に合わせて、検索条件を決めていきましょう。

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ







-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

【Excel】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

この記事では、関数を使い、日付から年だけ、月だけ、日だけを取り出す方法と日付から曜日を表示する方法の2つを解説しています。 より理解を深めるために、Excelでの日付のルールも解説していますので、ぜひ …

【Excel指導者が厳選】作業が早く終わるショートカット38選

この記事では、Excelのショートカットをご紹介していきます。 といっても、すべて紹介すると必要なものを探すのが大変になりますし、実際、半分以上のショートカットは使わないです。 そこで、200個以上あ …

【Excel】MATCH関数の使い方【照合の種類の違いも解説】

この記事では、MATCH関数単体での使い方を解説しています。 ただ、MATCH関数は単体で使うというよりは、INDEX関数と組み合わせて使うことが多いです。 組み合わせて使うためにも、まずはMATCH …

Excel:FIND関数の使い方と応用/SEARCH関数との違いは?

✅ この記事で解決できる悩み FIND関数の使い方を知りたい FIND関数の応用例を見たい SEARCH関数との違いを知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ 【Excel】FI …

【Excel】ワイルドカード文字の種類と使い方を解説

✅ この記事で解決できる悩み ワイルドカード文字って何? ワイルドカード文字の種類を知りたい ワイルドカード文字を使えるようになりたい ✅ 記事の信頼性 もくじ 【Exce …




プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む