Office

【Excel】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

投稿日:2020年10月14日 更新日:

【Excel】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

この記事では、関数を使い、日付から年だけ、月だけ、日だけを取り出す方法と日付から曜日を表示する方法の2つを解説しています。

より理解を深めるために、Excelでの日付のルールも解説していますので、ぜひ合わせて、ご覧ください。

✅ この記事で解決できる悩み

  • 日付から年だけ、月だけ、日だけを取り出したい
  • 日付から曜日を表示させたい
  • Excelの日付に関するルールを知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


Excelの日付に関する基本事項

Excelの日付に関する基本事項

まず、日付の基本的な仕組みについて見てみましょう。

『仕組みなんてあるの?』という感じかと思いますが、ちゃんとしたルールがあります。
実際にセルに日付を入れながら解説していきます。

Excelの日付に関する基本事項①

B1セルに『10/12』を入力しようと思いますが、その前に表示形式を見てください。
今は『標準』になっていますね。

Excelの日付に関する基本事項②

では、B1に『10/12』と入力してみます。

Excelの日付に関する基本事項③

『10月12日』と表示されましたね。
ただ、表示形式を見てみると、先ほどとは違い、『ユーザー定義』となっています。

『10/12』と入力すると、エクセル側で日付と判断し、自動的に適した表示形式に変えてくれるわけです。

✔ 注意点

12分の10も『10/12』と表しますね。
◯/×という形は、必ずしも日付とは限りません。

Excelの日付に関する基本事項④

どういう表示形式になっているか確認してみましょう。
【表示形式】をクリックし、【その他の表示形式】をクリックします。

Excelの日付に関する基本事項⑤

セルの書式設定ウィンドウが開き、表示形式が確認できました。
自動的に『m”月”d”日”』になっていたわけです。

✔ 豆知識

  • mはmonth(月)のm
  • dはday(日)のd

つまり、表示された日付は何かの表示形式を変えたものということがわかります。

Excelの日付に関する基本事項⑥

では、表示形式を『標準』に戻し、何の表示形式を変えたものなのか、確認しましょう。

Excelの日付に関する基本事項⑦

『44116』と出てきました。

この数字はシリアル値と呼ばれます。
シリアル値は1900年1月1日を1として、1日経つごとに1ずつ増えるものです。

つまり、2020年10月12日は、1900年1月1日から44116日目ということですね。

このように、日付は数値から算出されるものなので、足し算や引き算ができます。
『日付+5』というのは、『日付から5日後』を表しているわけですね。

また、関数を使えば、1年後や2年後、3ヶ月後や6ヶ月後など、年月日をバラバラに足し引きすることもできます。

日付の計算方法は下記記事をご覧ください。
»DATE関数を使って日付を計算する方法をExcel講師が解説!

ここから先は、日付になっていたほうがわかりやすいので、表示形式を変えましょう。

Excelの日付に関する基本事項⑧

表示形式の中から【長い日付形式】をクリックします。

Excelの日付に関する基本事項⑨

指定した表示形式に変わりました。

それでは、日付の基本的な仕組みはこのあたりにしましょう。

今見たシリアル値を使えば、日付を計算するだけでなく、日付から年だけ、月だけ、日だけというように、特定の値を抜き出すこともできます。

次は、その方法を見てきましょう。

【Excel】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

【Excel】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

それでは、日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法をみていきましょう。

以下の順番で解説していきます。

日付から年月日を抽出する方法

この記事では関数の挿入を使い、関数を入れていきます。
直接関数を入力する方法、関数の挿入を使う方法の違いは以下の記事で解説しています。
»関数の入れ方【EXCEL/直接入力と関数の挿入の使い方】

日付から年月日を抽出する方法①

では、年月日を別々に取り出す方法を見てみましょう。

使う関数は、以下の3つです。

  • YEAR関数
  • MONTH関数
  • DAY関数

それぞれ、以下のような決まりがあります。

ExcelのYEAR関数とは?

『年を1900〜9999の範囲の整数で返します』

ExcelのMONTH関数とは?

『月を1(月)〜12(月)の範囲の整数で返します』

ExcelのDAY関数とは?

『シリアル値に対応する日を1から31までの整数で返します』

3つとも説明が似ていますね。
基本的には同じ仕組みの関数だと思ってもらって、問題ありません。

これらの関数を使えば、年だけ、月だけ、日だけが取り出せます。

入れる関数は、以下のようになります。

  • 年 =YEAR(B1)
  • 月 =MONTH(B1)
  • 日 =DAY(B1)

日付から年月日を抽出する方法②

実際に関数を入れると上記画像のようになります。

このように、YEAR関数、MONTH関数、DAY関数を使えば、シリアル値を指定するだけで、年月日を抽出することができます。

関数名もYEAR、MONTH、DAYと日本語の意味のままですので、3つセットで覚えておきましょう。

日付から曜日を表示する方法

日付から曜日を表示する方法①

次は、日付から曜日を表示する方法を見てみましょう。
使うのは、TEXT関数です。

ExcelのTEXT関数とは?

TEXT関数には、上記のような決まりがあります。
『数値に指定した書式を設定し、文字列に変換した結果を返します』

この説明だと難しく感じますが、『値を指定した表示形式に変えますよ』という関数です。

ちなみに、曜日の表示形式は『”aaa”』です。
これはExcelの決まり事なので、このまま覚えましょう。

日付から曜日を表示する方法②

式で書くと、上記のようになります。

曜日 =TEXT(B1,”aaa”)

日付から曜日を表示する方法③

これで、日付から曜日を表示することができました。

ここで1つポイントがあります。
TEXT関数は、『値を指定した表示形式に変えますよ』という関数でした。

つまり、応用すれば、TEXT関数だけで日付から年月日を抽出することもできます。
最後に、そちらを確認してみましょう。

おまけ:日付から年月日を抽出する方法

TEXT関数を使って日付から年月日を抽出する方法

では、おまけとして、TEXT関数を使い、日付から年月日を抽出する方法を見てみましょう。

入れる式は、上記画像にまとめました。
式だけ取り出してみると、以下のようになります。

  • 年 =TEXT(B1,”yyyy”)
  • 月 =TEXT(B1,”m”)
  • 日 =TEXT(B1,”d”)

表示形式はExcelの決まり事なので、これもこのまま覚えましょう。
それぞれ、YEAR、MONTH、DAYの頭文字になっていますので、覚えやすいですね。

まとめ:【Excel】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

この記事では、日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法の2つを解説しました。

たくさん関数が出てきましたが、どの関数も使い方自体は難しくありません。
表示形式など、決まり事だけ押さえて、しっかり使えるようにしましょう。

また、ここで紹介した関数は決まりが似ているものが多いので、セットで覚えておくと良いでしょう。

この記事のあとは、関連のある下記記事をおすすめします。

また、別の関数を勉強される方は、下記をどうぞ。

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ

-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

ExcelのSUMIF関数の使い方【検索条件に合う数値の合計】

この記事では、SUMIF関数について解説していきます。 SUM関数の仲間で、特定の条件に合うものだけを合計する関数です。 Excelを使っていると、よく出てくる関数なので、ぜひ使い方を押さえておきまし …

ExcelのCOUNTIF関数の使い方!空白以外のセルや文字列のセルを数える方法を解説!

セルの数を数える関数には、以下の4つがあります。 COUNT関数 COUNTA関数 COUNTIF関数 COUNTIFS関数 この記事では、この中のCOUNTIF関数について解説していきます。 &#x …

【Excel】INT関数の使い方とROUNDDOWN関数との違い

この記事では、ExcelのINT関数について解説していきます。 INT関数の基本的な使い方だけでなく、ROUNDDOWN関数との違いや、INT関数だけで四捨五入、切り上げする方法も解説しています。 ぜ …

【Excel】RANK関数、RANK.EQ関数の使い方を解説!

この記事では、RANK.EQ関数について解説していきます。 RANK関数というものもありますが、基本的には同じものです。 RANK関数というのは、Office2007以前に対応した関数で、今度はRAN …

【Excel】ISERROR関数の使い方|VLOOKUP関数やIF関数との組み合わせ

✅ この記事で解決できる悩み ISERROR関数の使い方を知りたい エラーが出たときに空白表示できるようにしたい VLOOKUP関数やIF関数と組み合わせて使う方法を知りたい &#x27 …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。