Office

DATE関数を使って日付を計算する方法をExcel講師が解説!

投稿日:2020年10月15日 更新日:

DATE関数を使って日付を計算する方法をExcel講師が解説!

この記事では、Excelで1ヶ月後や1年後など、日付を計算する方法を解説しています。

この記事の方法を使えば、更新時期や締切日など、ルールが決まっているものは簡単に表示させることができます。
また、その際の注意点も記載しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

✅ この記事で解決できる悩み

  • 1ヶ月後、1年後など、日付の計算方法を知りたい
  • DATE関数の使い方を知りたい
  • DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせて使いたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


【Excel】DATE関数を使って日付を計算する方法

【Excel】DATE関数を使って日付を計算する方法

それでは、日付を計算する方法を解説していきます。

ここでは、DATE関数を使って日付を計算しますので、まずはDATE関数について見ていきましょう。

ExcelのDATE関数とは?

この記事では関数の挿入を使い、関数を入れていきます。
直接関数を入力する方法、関数の挿入を使う方法の違いは以下の記事で解説しています。
»関数の入れ方【EXCEL/直接入力と関数の挿入の使い方】

ExcelのDATE関数とは?

DATE関数には、上記のような決まりがあります。
『指定した日付を表すシリアル値を返します』

ポイントは、年、月、日の項目が分かれていることです。
分かれているので、年だけ計算したり、月だけ計算したりすることができます。

そして、日付から年だけ、月だけ、日だけを取り出せる関数にYEAR関数、MONTH関数、DAY関数がありましたね。

YEAR関数、MONTH関数、DAY関数の詳しい解説は、下記記事をご覧ください。
»【EXCEL】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

これらの関数を組み合わせることにより、日付の計算ができます。

それでは、次は簡単な例を見てみましょう。

DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせよう

ここからは、DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数をどのように組み合わせるのか見ていきましょう。

例として、2020年10月12日という日付に対し、1年後、半年後、2週間後を求めてみます。

まずは、1年後から見てみましょう。

DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせた使い方①

2020年10月12日の年月日はそれぞれ、次のように表すことができます。

  • 年 =YEAR(B1)
  • 月 =MONTH(B1)
  • 日 =DAY(B1)

1年後なので、年に+1しましょう。
つまり、下記のようになります。

  • 年 =YEAR(B1)+1
  • 月 =MONTH(B1)
  • 日 =DAY(B1)

これをDATE関数に入れます。

DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせた使い方②

実際に入れると、上記のようになります。
式を入力したら、【OK】をクリック、もしくはENTERキーを押します。

DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせた使い方③

これで、1年後の日付が表示されました。

次は、半年後を求めてみましょう。
考え方は1年後を求めたときと同じです。

半年後=6ヶ月後になりますので、月に+6をしましょう。

  • 年 =YEAR(B1)
  • 月 =MONTH(B1)+6
  • 日 =DAY(B1)

これをDATE関数にい入れます。

DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせた使い方④

実際に入れると、上記のようになります。
月が16になっていますが、12を超える場合は自動的に翌年になりますので、気にしなくても大丈夫です。

式を入力したら、【OK】をクリック、もしくはENTERキーを押します。

DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせた使い方⑤

これで、半年後の日付が表示されました。
先ほど月が16と表示されていましたが、ちゃんと4月になっていますね。

ある程度仕組みがわかってきたかと思いますが、続いて、2週間後を求めてみましょう。
考え方は、上の2つと同じです。

DATE関数には週という単位がありませんので、2週間後を日数で表しましょう。

2週間後=14日後ですね。
つまり、日に+14しましょう。

  • 年 =YEAR(B1)
  • 月 =MONTH(B1)
  • 日 =DAY(B1)+14

これをDATE関数に入れます。

DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせた使い方⑥

実際に入れると、上記のようになります。
式を入力したら、【OK】をクリック、もしくはENTERキーを押します。

DATE関数とYEAR関数・MONTH関数・DAY関数を組み合わせた使い方⑦

これで、2週間後の日付が表示されました。

ここまで足し算のみを見ましたが、もちろん引き算もできます。
また、年と月を同時に計算するなど、複数の項目を一緒に扱うことも可能です。

日付の計算する方法の基礎は以上になります。
次は、日付を計算するときの注意点について見ていきましょう。

日付を計算するときの注意点

日付を計算するときに、注意点が1つあります。
それは、月と日は分けて考えるということです。

どういうことか、例を見てみましょう。

日付を計算するときの注意点①

2020年10月12日に対して、1ヶ月半後の日付を求めたいとします。

このとき、月に+1、日に+15をして求めるのが一般的です。

  • 年 =YEAR(B1)
  • 月 =MONTH(B1)+1
  • 日 =DAY(B1)+15

式を入れると、以下のようになります。

日付を計算するときの注意点②

1ヶ月半後なので、2020年の11月27日となるわけですね。

次は、1ヶ月半後を45日後として考えてみましょう。

  • 年 =YEAR(B1)
  • 月 =MONTH(B1)
  • 日 =DAY(B1)+45

入れる式と返ってきた結果は、以下の通りです。

今度は、2020年の11月26日となってしまいました。

なぜこのようになったかというと、10月は31日まであるので、1ヶ月半後は+46としなければいけないんですね。

このように、月によって日数が変わるので、月と日は分けて考える必要があるわけです。
ここは注意しておきましょう。

【具体例】DATE関数を使って日付を計算する方法

【具体例】DATE関数を使って日付を計算する方法

以下のような例を考えてみましょう。

あなたは会員制のジムを経営しています。

契約期間は1年間となっており、契約が切れる1ヶ月前に更新確認の連絡をしたい。

わかっているのは、お客様の個人情報と申込日です。

1年契約で、契約が切れる1ヶ月前なので、年に+1、月に-1すればOKですね。

  • 年 =YEAR(B1)+1
  • 月 =MONTH(B1)-1
  • 日 =DAY(B1)

これをDATE関数にい入れます。

DATE関数を使って日付を計算する具体例①

実際に入れると、上記のようになります。
式を入力したら、【OK】をクリック、もしくはENTERキーを押します。

DATE関数を使って日付を計算する具体例②

これで、契約が切れる1ヶ月前の日付がわかりました。

ここでは、年に+1、月に-1しましたが、11ヶ月後と考えて、月に+11しても大丈夫です。

このように、更新時期や締切日など、ルールが決まっているものは一度式を入れてしまえば、簡単に表示させることができます。

まとめ:【Excel】DATE関数を使って日付を計算する方法

この記事では、Excelで1ヶ月後や1年後など、日付を計算する方法を解説しました。

使い方を工夫すれば、いろいろな場面で使うことができます。
ぜひお役立てください。

また、下記記事はこの内容と関連がありますので、合わせてどうぞ。
【EXCEL】今日の日付や現在の時刻を求める関数とショートカット

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ

-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

【Excel】今日の日付や現在の時刻を求める関数とショートカット

この記事では、今日の日付や現在の時刻を求める関数とショートカットについて解説しています。 また、今日の日付を使った応用と日付や時刻表示に関する注意点もまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。 & …

Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いと選び方

この記事では、Microsoft365(Office365)とOffice2019の違いについて解説していきます。 何を重視するかにより、どちらを購入するかが変わります。 この記事を参考に、希望に合う …

ExcelのCOUNTIF関数の使い方!空白以外のセルや文字列のセルを数える方法を解説!

セルの数を数える関数には、以下の4つがあります。 COUNT関数 COUNTA関数 COUNTIF関数 COUNTIFS関数 この記事では、この中のCOUNTIF関数について解説していきます。 &#x …

【無料あり】自宅でできるエクセルの勉強方法【初心者〜中級者向け】

この記事では、自宅でできるエクセルの勉強方法について解説していきます。 エクセルの勉強と言っても、さまざまな選択肢があります。 教室に通う 本を買って勉強する オンライン講座を受ける そこで、この記事 …

【Excel】日付から年月日を抽出する方法と曜日を表示する方法

この記事では、関数を使い、日付から年だけ、月だけ、日だけを取り出す方法と日付から曜日を表示する方法の2つを解説しています。 より理解を深めるために、Excelでの日付のルールも解説していますので、ぜひ …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。