ガジェット・周辺機器

【iMac】メモリ増設できるモデルとできないモデル【費用も紹介】

投稿日:2020年10月22日 更新日:

【iMac】メモリ増設できるモデルとできないモデル【費用も紹介】

私はパソコン修理をしており、iMacのメモリ交換も何十台も経験してきました。

そこで、この記事ではApple公式サイト通りの紹介だけでなく、パソコン修理者からの視点でメモリ増設できるかどうかを解説していきます。

メモリ増設時の費用も書いていますので、ぜひ参考にしてください。

✅ この記事で解決できる悩み

  • iMacのメモリ増設を考えている
  • メモリ増設時の費用を知りたい
  • 自分でメモリ増設できるのか知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は下記機種を想定して書いています。

💻 Mac
💻 一体型(iMac)


iMacでメモリ増設できるモデルとできないモデル

早速、メモリ増設できるモデルとできないモデルを見ていきましょう。
多くのモデルがメモリ増設できるため、まずは、メモリ増設できないモデルから紹介します。

また、この記事では、iMac2009以降のモデルを取り扱います。

パソコン修理者からみたメモリ増設できないモデル

結論は、下記の通りです。

iMac (21.5-inch, Late 2015)
iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)

のメモリはアップグレードできません。

»Apple公式サイト
※見やすいように、一部改行しています。

Apple公式サイトに良い文章があったので、引用させていただきました。

厳密に言えば、上記2モデルもメモリ増設はできるのですが、現実的ではないため、『メモリ増設できないモデル』としました。

この2モデルはメモリが基板に直接貼り付けられているため、メモリ増設できないことになっています。
ただし、技術的にはメモリを剥がし、新しいメモリを貼り直すこともできます。

このように技術的には可能ですが、費用がかなり高くなる上に、うまくいかないリスクもあるため、オススメできません。

ほとんどいないと思いますが、費用とリスクを承知でメモリ増設したい場合は、直付けメモリの交換に対応している業者を探すことになります。
(※対応業者はかなり少ないです。)

Apple公式サイトによるメモリ増設できないモデル

Apple公式サイトによると、下記画像の*がついているモデルは『お客様ご自身で取り外すことはできない』と書かれています。

*
iMac (21.5-inch, Late 2012)
iMac (21.5-inch, Late 2013)
iMac (21.5-inch, Mid 2014)
iMac (21.5-inch, 2017)
iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017)
iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2019)

のメモリは、お客様ご自身で取り外すことはできません。
これらのコンピュータのメモリの修理サービスが必要になった場合は、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお問い合わせください。

»Apple公式サイト
※見やすいように、一部改行しています。

このように書かれています。
完全にできませんと書かれているわけではなく、お客様ご自身で取り外すことはできませんと書かれています。

つまり、『メモリ交換はできるけど、分解難易度が高いから一般の方では無理ですよ』というわけですね。

*がついているモデルは、Mac修理に対応しているお店なら問題なく交換できます。

ちなみに、機械の分解に慣れている方なら、いくつかポイントを押さえればご自身でも交換可能です。
トライしてみようとお考えの場合は、いくつか注意点がありますので、慎重に作業しましょう。

なお、自力で分解される場合は、下記記事もご覧ください。
»【Mac修理者が解説】iMacの分解に必要な5つの工具と注意点

メモリ増設できるモデル

メモリ増設できるモデルは、上記で紹介していないモデルすべてです。

再度、上記を見てみましょう。

*がついていないモデルは、比較的簡単に増設できます。
ネジすらないものもあれば、あってもネジ1本だけですので、Apple公式サイトの手順通りに進めていけば大丈夫です。
»Apple公式サイト

iMacのメモリ増設にかかる費用は?

iMacのメモリ増設にかかる費用は?

ここからは、メモリ増設を業者に依頼したときの費用を見ていきましょう。

ここでも、下記画像をつかい、*がついている場合とついていない場合で考えてみましょう。

なお、記載するのは分解工賃だけですので、別途メモリ代がかかります。

*がついていないモデル

費用は、下記の通りです。

3,000〜10,000円

ただし、別途診断費がかかったり、部品持ち込みの場合、追加費用がかかるところもあります。

*がついているモデル

費用は、下記の通りです。

15,000〜30,000円

こちらも、別途診断費がかかったり、部品持ち込み不可など、条件付きのところもあります。

業者に依頼する場合は、事前に正確な費用を問い合わせしたほうが良いですね。

まとめ:【iMac】メモリ増設できるモデルとできないモデル

この記事では、iMacでメモリ増設できるモデルとできなモデルを紹介し、その費用について解説しました。

自分で増設できるもあれば、業者でも難しいモデルもあります。
あなたのモデルに合わせて、ご検討ください。

自力で増設される場合は、下記記事も合わせてどうぞ。
»iMacの分解に必要な工具と注意点【プロ愛用品を紹介します】

ちなみに、メモリはAmazonなどでも買えます。

規格だけ間違えないように、Apple公式サイトでしっかり確認しましょう。
»Apple公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ガジェット・周辺機器
-,

執筆者:

関連記事

【必須】パソコン買い替え時にやること5選【Windows10】

✅ この記事で解決できる悩み パソコン買い替え時にやっておくことを知りたい 新しいパソコンへスムーズに移行したい パソコン処分の前にやり忘れたことがないか確認したい ✅ 記 …

パソコンの寿命は3〜5年!ベストな買い替えの時期やタイミングは?

✅ この記事で解決できる悩み パソコンの寿命や買い替えのタイミングを知りたい 修理しようか買い換えようか迷っている まだ壊れていないけど、何年も前のパソコンを使っている ✅ …

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2021年6月18日更新】

この記事では、BTOパソコンショップのセール情報をまとめて紹介します。 すべてのショップのご紹介は難しいので、人気があるショップを7つ選びました。 BTOパソコンの購入をお考えの方は、要チェックです。 …

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

この記事では、2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説します。 スペック的にも多くの方にとっての最適解になるかと思いますの …

【比較】HDDとSSD、どっちが良い?寿命や性能の違いを解説!

この記事では、HDDとSSDを比較し、その違いについて解説してします。 これからパソコンを買う方、故障して部品交換が必要な方は、ぜひ参考にしてください。 ✅ この記事で解決できる悩み H …

スポンサーリンク

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】


Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

【ブログ・ブロガー用】5万円以下のおすすめノートパソコンを紹介!


100台以上のノートパソコンを見て、その中からおすすめできるものを選びました!

ブロガー目線ではなく、パソコン修理者目線で選んだので、性能面は間違いなしです。