ガジェット・周辺機器

パソコンの選び方〜買う前に知っておきたいこと〜

投稿日:2020年8月25日 更新日:

パソコンの選び方〜買う前に知っておきたいこと〜

✅ この記事で解決できる悩み

  • パソコン選びで後悔したくない
  • パソコンを買いたいけど、どういうものを買って良いかわからない
  • CPUとかメモリとか色々出てくるけど、意味がわからない

✅ 記事の信頼性

profile

パソコンを買う時に、どういったパソコンを買えば良いか、迷いますね。

私もそうですが、おそらく、この記事を読んでいるあなたも、ある程度予算を決めていて、その中で一番良いものを探していると思います。

お金はいくらかかっても良いという方は、とにかくハイスペックなものを買えば良いですが、多くの場合、そういうわけにもいきません。

そこで、この記事では、あなたがやりたいことに合わせて、

◯◯をやるなら、このくらいの性能が適している

というのを書いていきます。

性能が上がれば価格も高くなりますし、逆に安く抑えた結果、性能不足によりソフトが満足に動かず後悔することもあります。

そういったことがないように、この記事をパソコン購入に役立ててください。

【最重要】『パソコンで何がしたいのか』を明確にする

【最重要】『パソコンで何がしたいのか』を明確にする

ここが一番大切です。
まずは、『なぜパソコンを買うのか』『パソコンで何がしたいのか』をはっきりさせましょう。

例えば、以下のようなことです。

  • Youtubeで動画を見たい
  • エクセル、ワードなどで文書作成をしたい
  • イラストレーター、フォトショップを使ってデザインをしたい
  • 動画編集をしたい

仕事で必要だから探している、という場合も、仕事でどういったことをするのかによって必要な条件は変わってきます。

必ず『なぜパソコンを買うのか』『パソコンで何がしたいのか』をはっきりさせてから読み進めてくださいね。

パソコンの選び方

パソコンの選び方

ここからは、『パソコンで何がしたいのか』という観点から、必要な性能を解説していきます。

まずは、おおまかに以下の2つを見ていきましょう。

WindowsかMacか

一番最初に、OS(Operating System)を決めましょう。
決め方は、使いたいソフトがどっちに対応しているかです。

基本的にはどちらにも対応しているソフトが多いですが、中にはWindowsでしか動かないソフト、Macでしか動かないソフトがあります。
使いたいソフトがどちらかにしか対応していないのであれば、そちらで決まりです。

  • Office(エクセルやワード)を使いたいのであれば、どちらでも大丈夫
  • Final Cut Proという動画編集ソフトを使いたいのであれば、Mac

Final Cut Proの代わりに、WindowsでAdobe Premiere Proを使っても動画編集自体はできるので、要はそのソフトにこだわりがあるかどうかですね。

ソフトによる違いがなければ、あとは好みや環境の問題です。
環境とは、会社がWindowsだからWindowsにしよう、とかですね。

ちなみに、同じ金額であればWindowsの方が性能が良いものが買えます。

また、Macは9万円〜です。
もし予算オーバーであれば、消去法でWindowsになります。

✔ Windows 10 HomeかProか

Windows10の場合、HomeとProが選べますが、どちらか迷っている場合はHomeで問題ありません。

『Proのほうが高性能ですよ』というお店もあるみたいですが、使わない機能に1万円余計に払うのはもったいないです。

ProとHomeの違いは、下記記事で詳しく解説しています。
»Windows10のHomeとProの違いは?どっちを買うべき?

デスクトップかノートか

これは、持ち運ぶかどうかですね。

持ち運ぶ可能性が少しでもあるならノートですし、据え置きとしてしか使う予定がなければデスクトップになります。

このあたりは、下記記事で詳しく解説しています。
»デスクトップパソコンとノートパソコンの違いを解説!どっちを選ぶ?

デスクトップの場合、モニターが別のタイプと一体型のものがありますが、個人的にはモニターが別のものが良いと思います(iMacを除く)。
ただ、このあたりは好みの問題なので、見た目で決めても良いですね。

ちなみに、価格あたりのスペックとしては、下記の順になります。

モニター別のデスクトップ > 一体型デスクトップ > ノート

ノートを買って、家の中では大きい画面で使いたいという時は、モニターを買って、外部出力するという方法もあります。

ここまでで、以下の2つが決まったと思います。

  • Windows or Mac
  • ノート or 一体型 or モニター別のデスクトップ

それでは、あとはパソコンの性能を細かく見ていきましょう。

各パーツごとの選び方

各パーツごとの選び方

ここからは、各パーツを細かく見ていきましょう。

やりたいことに合わせて、ここに書かれた基準を満たすものを買いましょう。
以下の順番で、解説していきます。

CPUとは

人間でいう脳みそです。
デュアルコアは脳みそが2つ、クアッドコアは脳みそが4つというイメージで、脳みそが多いほうが高性能になります。

  • デュアルコア→ネットやメール、文書作成がメイン
  • クアッドコア→それ以上(動画編集とか)

このような基準で選べばOKです。
i3とかi5とか色々ありますが、基本的には数字が大きいほうが高性能になります。

メモリとは

机の広さに例えられます。

数字が大きいほど、机が広いイメージです
つまり、一気に複数のアプリを使えたり、重い(大きい)アプリが使えるということです。

最近は8GBが標準になってきていますが、まだまだ4GBのものも売っています。

  • 4〜8GB→ネットやメール、文書作成がメイン
  • 16GB〜→イラストレーター、フォトショップ、動画編集など

このような基準で選べばOKです。

例えば、イラストレーターの場合、以下のように書かれています。

『8GB以上(16GB以上を推奨)』

これは、下記のようなことを意味しています。

『8GB以上あれば動きますよ。ただ、ストレスなく使いたかったら16GB以上にしてね』

使いたいソフトを調べ、推奨容量を満たすものにしましょう。

ストレージとは

データを入れておくパーツで、本棚に例えられます。

500GBとか1TBとかありますが、数字が多い方がデータが沢山入ります。
※1TB=1000GB

  • HDD→安い、SSDより壊れやすく、寿命が短い
  • SSD→高性能、大容量になると高い

予算が許すなら、断然SSDがオススメです。

低容量でもSSDにしておき、データは外付けHDDで管理という使い方もできるので、このあたりは使い方、予算と相談になります。

光学ドライブとは

CDやDVDなどのディスクを入れるところですね。

最近は薄型化に伴い、光学ドライブなしのモデルが増えました。
光学ドライブがついていなくても、USB接続できる外付けの光学ドライブが2,000〜3,000円で買えます。

なので、光学ドライブなしでも困ることはありません。

外付けの光学ドライブは、以下のようなものです。

BUFFALO 外付け光学ドライブ DVSM-PTV8U3-BK/N

グラフィックスとは

映像処理を手助けするパーツです。
どのパソコンにも基本機能はついているので、特に追加でつけなくても、Youtubeでの動画視聴やネットサーフィン、文書作成などはできます。

下記に当てはまる方は、追加でGPU、グラフィックカードが必要な場合があります。

  • 画像、動画編集をする方
  • ゲームをする方

Macを検討しているあなたへ

Macの購入を検討している方は、1つ注意が必要です。
それは、購入後のカスタマイズが難しい点です。

一切できないかというとそうではないですし、あえて標準モデルで買って、自分でメモリを増やすほうがお得な場合もあります。
ただ、あとからカスタマイズしようと思うと、かなり高額になるモデルも多いのが事実です。

特にMacBookAir、MacBookProを検討している場合は、最初から希望スペックのものを買うことをオススメします。

まとめ:パソコンの選び方〜買う前に知っておきたいこと〜

WindowsとMacの選び方、デスクトップとノートの選び方から始まり、各パーツの大まかな解説をしてきました。

安い買い物ではないので、どういったものが良いのか迷うことも多いと思います。
そういった時に、是非参考にしてください。

パソコンを自作するかBTOショップで買うか迷っている方は、下記記事をどうぞ。

中古パソコンの購入をお考えの方は、下記記事をどうぞ。

ノートパソコンをお探しの方向けの記事もあります。

-ガジェット・周辺機器
-, ,

執筆者:

関連記事

デスクトップパソコンとノートパソコンの違いを解説!どっちを選ぶ?

✅ この記事で解決できる悩み デスクトップパソコンかノートパソコンかで迷っている デスクトップパソコンとノートパソコン、どういう違いがあるのか知りたい 選ぶときの基準や決め手を知りたい …

auユーザーにおすすめのインターネット回線はauひかり【auスマートバリュー対応の光回線】

この記事では、auユーザーにおすすめのインターネット回線『auひかり』について解説していきます。 私自身、auで契約していたこともあり、auの方からauひかりを勧められたことがあります。 ただ、元々契 …

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2021年8月21日更新】

この記事では、BTOパソコンショップのセール情報をまとめて紹介します。 すべてのショップのご紹介は難しいので、人気があるショップを7つ選びました。 BTOパソコンの購入をお考えの方は、要チェックです。 …

自作パソコンとBTOを比較!価格差やメリットは?【プロが解説】

この記事は、自作パソコンかBTOパソコンかを検討している方向けです。 私はパソコン修理をしており、お客様の依頼でパソコンの組み立てをすることもあります。 そんな私が、自作パソコンとBTOパソコンを比較 …

InateckのMacBookAir/Pro用ケースを4年間使った感想【結論:おすすめできます】

この記事では、InateckのMacBookAir/Pro用ケースを4年間使った感想をまとめてみました。 結論としては、とても満足しています。 『壊れたら買い換えればいいや』くらいの気持ちで買ったので …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。