Mac

macOS Big Surの新機能と対応機種まとめ【プロが解説】

投稿日:2020年11月16日 更新日:

macOS Big Surの新機能と対応機種まとめ【プロが解説】

✅ この記事で解決できる悩み

  • macOS Big Surって何?
  • macOS Big Surの新機能を知りたい
  • macOS Big Surの対応機種を知りたい

✅ 記事の信頼性

profile

この記事では、macOS Big Surの新機能と対応機種について解説していきます。

20年ぶりの超大型アップデートですので、しっかり内容を確認してからアップデートするようにしましょう。


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型


macOS Big Surの新機能

macOS Big Surの新機能

macOS Big Surとは、2020年11月12日にAppleにより発表された最新macOSです。

今までもMoyave、Catalinaというように毎年のように大きなアップデートはありました。
ただ、今回のmacOS Big Surはそれ以上となる、超大型アップデートです。

といのうも、今までのmacOSはmac OS Xと呼ばれ、Moyaveなら10.14、Catalinaなら10.15というように、バージョンが10.xxという形でした。

それに対し、今回のmacOS Big Surはバージョン11.0となり、かなり大きなバージョンチェンジとなりました。

そのため、追加された機能や変更点も多いですが、ここでは、特に使いやすくなったと感じる3つをご紹介します。

コントロールセンター

macOS Big Surのコントロールセンター

macOS Big Surから、Macにもコントロールセンターが追加されました。

元々iOSにはあった機能なので、iPhoneやiPadをお使いであれば、見慣れているかと思います。

Macでもコントロールセンターから、さまざまな設定ができるようになりました。
設定できるようになった項目には、以下のようなものがあります。

  • Wifiのオン・オフ
  • Bluetoothのオン・オフ
  • ディスプレイの明るさ
  • ボリューム etc・・・

ウィジェット

macOS Big Surのウィジェット

ウィジェットの機能自体は以前からあったのですが、表示のされ方が変わり、ウィジェットもiOSのようになりました。

iOS 14のように、デスクトップ上に表示することができませんが、大きく変わった点です。

今後、ウィジェットに対応するアプリも増えてくるはずなので、使いやすいようにカスタマイズしましょう。

AirPodsの自動切り替え

AppleユーザーでAirPodsを使ってる方も多いかと思います。
そういった方には、かなり役立つ機能です。

例えば、iPhoneと接続していたAirPodsがあった場合、iPhoneを使わなくなると自動でMacへ切り替えてくれる機能です。

切り替えるときには、接続するかどうか選ぶ通知が出てきますので、勝手に繋がるということはありません。

これもiOSにはあった機能で、コントロールセンターやウィジェットも含め、全体的にiOS(iPhoneやiPad)に近くなった印象です。

macOS Big Surの対応機種と条件

macOS Big Surの対応機種と条件

ここからは、macOS Big Surにアップデートできる機種と条件を見ていきましょう。

また、アップデートするときに気をつけてもらいたい点もありますので、ぜひ確認してください。

macOS Big Surの対応機種

macOS Big Surの対応機種は、下記の通りです。

以下のモデルが対応しています。

  • MacBook(2015以降)
  • MacBook Air(2013以降)
  • MacBook Pro(Late 2013以降)
  • Mac mini(2014以降)
  • iMac(2014以降)
  • iMac Pro(2017以降)
  • Mac Pro(2013以降)

»Apple公式サイト

1つ前のmac OS Catalnaまでは2012年モデルも対応機種に入っていました。
ただ、今回のmacOS Big Surからは除外されてしまいました。

アップデートする前に、必ずあなたのMacのモデルを確認しましょう。

モデルの確認方法は最後に解説しますので、『モデルを忘れてしまった』『確認方法がわからない』という方は、解説を参考にしてください。

macOS Big Surにアップグレードできる条件

macOS Big Surの対応機種以外にも、現在のOSのバージョンやストレージの空き容量など、他にも条件があります。
次は、macOS Big Surにアップグレードできる条件を見てみましょう。

あなたのMacがOS X Mavericks 10.9以降を搭載している場合は、macOS Big Surに直接アップグレードできます。
ただし以下の条件を満たしている必要があります。

  • OS X 10.9以降
  • 4GBメモリ
  • 35.5GB以上のハードドライブ空き容量がある(macOS Sierra以降の場合)*
  • 一部の機能にはApple IDが必要です。諸条件が適用されます。
  • 一部の機能にはインターネット接続環境が必要です。使用料がかかる場合があります。

* macOS Sierra以降からmacOS Big Surへのアップグレードには、35.5GBのハードドライブ空き容量が必要です。これよりも前のリリースからmacOS Big Surへのアップグレードには、最大44.5GBのハードドライブ空き容量が必要です。

»Apple公式サイト

まず、OSが10.9以降でないと、直接macOS Big Surへのアップデートができません。
10.9より前のOSの場合、一度10.9以降にしてから、macOS Big Surにアップデートするという流れになります。

また、macOS Sierra以降の場合、ストレージの空き容量も35.5GB以上必要という条件になっています。

アップデート時に気をつけること

  • 対応機種であること
  • アップデートできる条件を満たしていること
  • アプリがmacOS Big Surに対応していること

アップデートをするときに気をつけることは、上記の3点です。

忘れがちなのが、3つ目の『普段使っているアプリがmacOS Big Surに対応していること』です。

運営会社が大きなアプリは、基本的にOS対応状況の通知が来ますので、通知に書かれている通りにしましょう。

通知が来ない場合は、アプリのホームページに記載されている場合がほとんどですので、よく使うアプリがある場合には、必ず事前に確認しましょう。

また、現時点ではmacOS Big Surに未対応の場合でも、しばらくすると対応するようになるかもしれません。
macOS Big Surへのアップデートを考えている場合は、こまめにチェックしてみましょう。

Macのモデルと現在のOSのバージョンを確認する方法

最後に、Macのモデルと現在のOSのバージョンを確認する方法を解説します。

Macのモデルや現在のOSのバージョンがわからない場合は、以下の手順で確認しましょう。

Macのモデルと現在のOSのバージョンを確認する方法①

【アップルマーク】をクリックします。

Macのモデルと現在のOSのバージョンを確認する方法②

【このMacについて】をクリックします。

Macのモデルと現在のOSのバージョンを確認する方法③

赤枠の部分に、MacのモデルとOSのバージョンが書いてあります。

上記で解説した、対応機種と条件を満たしているか確認してみましょう。

まとめ:macOS Big Surの新機能と対応機種

以上、最新macOS『macOS Big Sur』について解説しました。

見た目や機能がiOSに近くなり、元々iPhoneやiPadを使っている方にとっては、非常に使いやすくなりました。

アップデートするときは、必ず条件を満たしていることを確認し、バックアップを取ってから、作業しましょう。
バックアップの取り方は、『TimeMachineの使い方を解説!MacのバックアップはこれでOK!』をご覧ください。

Mac製品を購入する場合は、Apple公式サイトAmazonがおすすめです。

-Mac
-

執筆者:

関連記事

【簡単】MacでPNGをJPGに一括変換する方法【アプリ不要】

✅ この記事で解決できる悩み PNGファイルをJPG(JPEG)ファイルに変換したい 画像のサイズを変更したい アプリや変換サイトを使わない方法を知りたい ✅ 記事の信頼性 …

TimeMachineが遅いのはESETが原因?スキャン対象から除外して解決!

先日、TimeMachineでバックアップを取っていたら、進みが異常に遅いという症状に遭遇しました。 普段であれば、数MBずつ進むのが、数KBずつしか進まないのです。 (1,000倍違う!?) OSを …

Mac:Dropboxのダウンロード&インストールを画像付で解説

✅ この記事で解決できる悩み Dropboxって何? Dropboxのインストール方法を知りたい Dropboxをお得に使える方法を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ Ma …

Macでスクリーンショットを撮る3つの方法と保存先について解説!

この記事では、Macでのスクリーンショットのやり方を解説していきます。 具体的には、以下の3パターンを画像つきで解説します。 画面全体のスクリーンショットを撮る方法 範囲を指定してスクリーンショットを …

【Mac】LibreOfficeのインストールと日本語化の方法

この記事では、MacでLibreOfficeをインストールする方法、日本語化する方法を解説しています。 これからLibreOfficeを使いたい方、インストールしたけど、日本語にならない方はぜひ最後ま …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。