Office

【Excel】プルダウン(ドロップダウン)の作り方!編集から解除までを画像つきで解説!

投稿日:2020年9月3日 更新日:

【Excel】プルダウン(ドロップダウン)の作り方!編集から解除までを画像つきで解説!

✅ この記事で解決できる悩み

  • プルダウンリスト(ドロップダウンメニュー)を作りたい
  • 編集、解除の仕方を知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


プルダウン(ドロップダウン)とは?

プルダウン(ドロップダウン)とは、以下のようなものです。

Excelのプルダウン(ドロップダウン)とは?①

【∨】をクリックすると、以下のようにリストが表示されます。

Excelのプルダウン(ドロップダウン)とは?②

表示されたリストのことを、プルダウン(ドロップダウン)リストと呼びます。

プルダウン=ドロップダウンで、どちらも同じものを指しています。
この記事では、以後、プルダウンに統一します。

おそらく、どこかで見たことがあるのではないでしょうか。
Excelに限らず、いろいろなサイトで、都道府県や年齢を入力するときにプルダウンになっていますね。

Excelでプルダウンを使うメリットは、同じ項目を何度も入力するときにあります。
選択式にしておくことで、入力の時間を減らし、入力ミスを減らすことができます。

プルダウンは、一度設定すれば、ずっと使えるものです。
また、途中でリストを編集することもできますので、次はその方法を見ていきましょう。

【Excel】プルダウンの作り方と編集・解除の方法

【Excel】プルダウンの作り方と編集・解除の方法

ここからは、実際にExcelでの操作方法を解説していきます。

それでは、以下の順番で見ていきましょう。

プルダウンリストの作り方

プルダウンリストの作り方①

この表を使い、解説していきます。
合否欄に『合格』『不合格』を選択できるプルダウンリストを作ってみましょう。

プルダウンリストの作り方②

まずは下準備です。
赤枠のように、プルダウンリストの選択肢としたいもののリストを作ります。

✔ ポイント

ここでは、説明をわかりやすくするために表の近くに作りました。
通常は印刷範囲外や別のシートなど、見えないところに作ります。

プルダウンリストの作り方③

リストを作り終えたら、プルダウンリストを作りたい範囲を指定し、【データ】タブをクリックします。

プルダウンリストの作り方④

データツール内にある【データの入力規則】をクリックします。
すると、下記ウィンドウが開きます。

プルダウンリストの作り方⑤

このウィンドウで設定していきます。

プルダウンリストの作り方⑥

入力値の種類の【∨】をクリックします。

プルダウンリストの作り方⑦

一覧の中から【リスト】をクリックします。

プルダウンリストの作り方⑧

『元の値』という欄に、先ほど作成したリストを指定します

この記事の例では、H2〜H3です。

指定するのは、リストにしたいものだけなので、合格と不合格のみです。
合否は入れません。

すると、下記画像のようになります。

プルダウンリストの作り方⑨

設定が問題なければ、【OK】をクリックします。

プルダウンリストの作り方⑩

これで、プルダウンリストが作成でき、合格、不合格が選べるようになりました。

プルダウンリストの編集、解除方法

それでは、続いて、編集や解除の方法を見てみましょう。

プルダウンリストの編集、解除方法①

作るときと同じように、編集、解除したい範囲を選択します。

プルダウンリストの編集、解除方法②

データタブ内の【データの入力規則】をクリックします。

すると、下記ウィンドウが開きます。
基本的には、このウィンドウ内で編集、解除を行います。

ここでは、実際に解除する方法を見ていきます。

プルダウンリストの編集、解除方法③

左下にある【すべてクリア】をクリックします。

プルダウンリストの編集、解除方法④

リストの選択が解除され、元の値がなくなりました。
【OK】をクリックします。

これで、先ほど作成したプルダウンリストが解除されました。

まとめ:【Excel】プルダウンの作り方と編集・解除の方法

この記事では、Excelでプルダウンリストを作る方法を解説してきました。

作り方を知っていると非常に役に立ちます。
慣れて、スムーズに作れるように、実際に何度か作ってみましょう。

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ







-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

DATE関数を使って日付を計算する方法をExcel講師が解説!

この記事では、Excelで1ヶ月後や1年後など、日付を計算する方法を解説しています。 この記事の方法を使えば、更新時期や締切日など、ルールが決まっているものは簡単に表示させることができます。 また、そ …

絶対参照と相対参照の違いと切り替えショートカットをExcel講師が解説

✅ この記事で解決できる悩み 絶対参照と相対参照の違いを知りたい どういう使い分けをするのか知りたい 絶対参照と相対参照の切替方法、ショートカットを知りたい ✅ 記事の信頼 …

【Excel】MATCH関数の使い方【照合の種類の違いも解説】

この記事では、MATCH関数単体での使い方を解説しています。 ただ、MATCH関数は単体で使うというよりは、INDEX関数と組み合わせて使うことが多いです。 組み合わせて使うためにも、まずはMATCH …

CONCAT関数とは?使い方や読み方をExcel講師が解説!

✅ この記事で解決できる悩み CONCAT関数の使い方や読み方を知りたい 違うセルにある文字列の結合をしたい ✅ 記事の信頼性 もくじ ExcelのCONCAT関数とは?使 …

INDEX関数の使い方をExcel講師がわかりやすく解説!

この記事では、INDEX関数単体での使い方を解説しています。 ただ、INDEX関数は単体で使うというよりは、MATCH関数と組み合わせて使うことが多いです。 組み合わせて使うためにも、まずはINDEX …




プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む