Office

【Excel】プルダウン(ドロップダウン)の作り方!編集から解除までを画像つきで解説!

投稿日:2020年9月3日 更新日:

【Excel】プルダウン(ドロップダウン)の作り方!編集から解除までを画像つきで解説!

✅ この記事で解決できる悩み

  • プルダウンリスト(ドロップダウンメニュー)を作りたい
  • 編集、解除の仕方を知りたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows、Mac
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


プルダウン(ドロップダウン)とは?

プルダウン(ドロップダウン)とは、以下のようなものです。

Excelのプルダウン(ドロップダウン)とは?①

【∨】をクリックすると、以下のようにリストが表示されます。

Excelのプルダウン(ドロップダウン)とは?②

表示されたリストのことを、プルダウン(ドロップダウン)リストと呼びます。

プルダウン=ドロップダウンで、どちらも同じものを指しています。
この記事では、以後、プルダウンに統一します。

おそらく、どこかで見たことがあるのではないでしょうか。
Excelに限らず、いろいろなサイトで、都道府県や年齢を入力するときにプルダウンになっていますね。

Excelでプルダウンを使うメリットは、同じ項目を何度も入力するときにあります。
選択式にしておくことで、入力の時間を減らし、入力ミスを減らすことができます。

プルダウンは、一度設定すれば、ずっと使えるものです。
また、途中でリストを編集することもできますので、次はその方法を見ていきましょう。

【Excel】プルダウンの作り方と編集・解除の方法

【Excel】プルダウンの作り方と編集・解除の方法

ここからは、実際にExcelでの操作方法を解説していきます。

それでは、以下の順番で見ていきましょう。

プルダウンリストの作り方

プルダウンリストの作り方①

この表を使い、解説していきます。
合否欄に『合格』『不合格』を選択できるプルダウンリストを作ってみましょう。

プルダウンリストの作り方②

まずは下準備です。
赤枠のように、プルダウンリストの選択肢としたいもののリストを作ります。

✔ ポイント

ここでは、説明をわかりやすくするために表の近くに作りました。
通常は印刷範囲外や別のシートなど、見えないところに作ります。

プルダウンリストの作り方③

リストを作り終えたら、プルダウンリストを作りたい範囲を指定し、【データ】タブをクリックします。

プルダウンリストの作り方④

データツール内にある【データの入力規則】をクリックします。
すると、下記ウィンドウが開きます。

プルダウンリストの作り方⑤

このウィンドウで設定していきます。

プルダウンリストの作り方⑥

入力値の種類の【∨】をクリックします。

プルダウンリストの作り方⑦

一覧の中から【リスト】をクリックします。

プルダウンリストの作り方⑧

『元の値』という欄に、先ほど作成したリストを指定します

この記事の例では、H2〜H3です。

指定するのは、リストにしたいものだけなので、合格と不合格のみです。
合否は入れません。

すると、下記画像のようになります。

プルダウンリストの作り方⑨

設定が問題なければ、【OK】をクリックします。

プルダウンリストの作り方⑩

これで、プルダウンリストが作成でき、合格、不合格が選べるようになりました。

プルダウンリストの編集、解除方法

それでは、続いて、編集や解除の方法を見てみましょう。

プルダウンリストの編集、解除方法①

作るときと同じように、編集、解除したい範囲を選択します。

プルダウンリストの編集、解除方法②

データタブ内の【データの入力規則】をクリックします。

すると、下記ウィンドウが開きます。
基本的には、このウィンドウ内で編集、解除を行います。

ここでは、実際に解除する方法を見ていきます。

プルダウンリストの編集、解除方法③

左下にある【すべてクリア】をクリックします。

プルダウンリストの編集、解除方法④

リストの選択が解除され、元の値がなくなりました。
【OK】をクリックします。

これで、先ほど作成したプルダウンリストが解除されました。

まとめ:【Excel】プルダウンの作り方と編集・解除の方法

この記事では、Excelでプルダウンリストを作る方法を解説してきました。

作り方を知っていると非常に役に立ちます。
慣れて、スムーズに作れるように、実際に何度か作ってみましょう。

関数のみになりますが、順序立てて学べるように、記事を書きました。
このブログで勉強される方は、下記記事をどうぞ。
»【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

Excelついて、『基本的な内容を広く知りたい』という方は、下記の書籍がおすすめです。
»FOM出版 よくわかるExcelシリーズ

-Office
-, ,

執筆者:

関連記事

【Excel】OR関数とIF関数を組み合わせた使い方【複数条件】

✅ この記事で解決できる悩み OR関数の使い方を知りたい 複数条件に対して、IF関数を使いたい IF関数とOR関数を組み合わせた使い方を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ …

【Excel】条件付き書式で文字やセルに色付け【画像つきで解説】

この記事では、条件付き書式の使い方について解説しています。 条件付き書式を使えば、条件を満たすセルの文字色やセル自体の色を変えることができます。 パターンもいくつか解説していますので、ぜひ参考にしてく …

OfficeSuiteは評判通り?料金や互換性も解説【比較あり】

この記事では、『コストは最小限、必要機能は十分』がコンセプトのOfficeSuiteをご紹介します。 コンセプトの通り、お手頃価格で、必要な機能が一通り揃っています。 無料ソフトでは不安だけど、Mic …

絶対参照と相対参照の違いと切り替えショートカットをExcel講師が解説

✅ この記事で解決できる悩み 絶対参照と相対参照の違いを知りたい どういう使い分けをするのか知りたい 絶対参照と相対参照の切替方法、ショートカットを知りたい ✅ 記事の信頼 …

Excelで表の行列を入れ替える方法を画像つきで解説

✅ この記事で解決できる悩み 行と列を入れ替える方法を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ Excelで表の行列を入れ替える方法 貼り付けを使って行列を入れ替える方法 関数を …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

【修理・指導実績】
✔ パソコン修理歴5年/1,500件以上
Windows、Mac対応可能

✔ エクセル指導歴5年
職業訓練校、職業能力開発での指導経験あり

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年発売モデルの中で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

2022年現在でも、最適解の1台。
『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。
»この記事を読む

中古パソコンのおすすめショップ5選【パソコン修理のプロが厳選】

中古パソコンのおすすめショップ5選【パソコン修理のプロが厳選】
50台以上の中古パソコンを買ってきた私が選ぶ、おすすめの中古パソコンショップです。
特に、1位のショップは3年保証と無条件返品ができるので、安心して買うことができます。

中古パソコンで失敗しなくない方は、ぜひ。
»この記事を読む

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2022年11月更新】

BTOパソコンショップのセール情報まとめ【2022年11月更新】
パソコンショップのセール情報をまとめました。
ビジネス向け〜動画編集・ゲーミングPCまであり、最大75,000円OFFのセールも実施中です。

お得にパソコンを買いたい方は、ぜひセールを利用しましょう。
»この記事を読む

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。
»この記事を読む