Windows

年間250台設定する私が選ぶWindows10のおすすめ初期設定

投稿日:2020年7月20日 更新日:

年間250台設定する私が選ぶWindows10のおすすめ初期設定

この記事では、Windows10のおすすめ初期設定について解説しています。

初めてWindows10を立ち上げた、という想定で書いていますが、既にお使いの方でも取り入れられる内容となっています。
意外と知らなかった設定などもあると思いますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

✅ この記事で解決できる悩み

  • Windows10のおすすめの初期設定を知りたい
  • 画面中央に出てくる「あ」「A」を消したい
  • スクロールバーを常に表示させたい

✅ 記事の信頼性

profile


<想定機種>
この記事は、下記機種を想定して書いています。

💻 Windows10
💻 ノート、デスクトップ、一体型、自作パソコン


Windows10のおすすめ初期設定

Windows10のおすすめ初期設定

それでは、Windows10のおすすめ初期設定について解説していきます。

インターネットに接続していれば自動で設定、更新されるものもありますが、以下の7個を順番に解説していきます。

解像度の設定

解像度の設定方法①

初めてWindows10を立ち上げると、解像度の関係で、一つ一つのアイコンが大きかったりします。
この解像度では、表示できるものが少なくなり、作業効率が悪いので、まずは解像度を上げましょう。

解像度の設定方法②

デスクトップ上で右クリック→【ディスプレイ設定】をクリックします。

解像度の設定方法③

ディスプレイの解像度という項目があるので、右端の【▽】をクリックします。

解像度の設定方法④

表示される一覧の中から、最も数字の大きいものをクリックします。

解像度の設定方法⑤

『ディスプレイの設定を維持しますか?』を出てくるので、【変更の維持】をクリックします。

解像度の設定方法⑥

これで、表示される情報が多くなりました。

次はタスクバーの設定をみていきましょう。

タスクバーの設定

Cortanaボタンやタスクビューボタンなど、あまり使わないものも多いので、それらを非表示にします。

スクバーの設定方法①

タスクバー上で右クリックします。

スクバーの設定方法②

『Cortanaのボタンを表示する』のチェックを外します。

スクバーの設定方法③

『タスクビューボタンを表示』のチェックを外します。

スクバーの設定方法④

【検索】をクリックします。

スクバーの設定方法⑤

【表示しない】をクリックします。

スクバーの設定方法⑥

上記画像のように、タスクバーがすっきりしました。

続いて、アプリやプログラムの更新をしてきます。

アプリ・プログラムの更新

アプリ・プログラムの更新方法①

【Windows Storeのアイコン】をクリックします。

アプリ・プログラムの更新方法②

右上にある【設定(…)】をクリックします。

アプリ・プログラムの更新方法③

【ダウンロードと更新】をクリックします。

アプリ・プログラムの更新方法④

【最新情報を取得する】をクリックします。

アプリ・プログラムの更新方法⑤

あとは自動的に更新が進むので、しばらく待ちます。

アプリ・プログラムの更新方法⑥

『最近のアクティビティ』の横に数字が表示されていなければ、OKです。
このままWindowsUpdateに進みます。

アプリ・プログラムの更新方法⑦

画面左下の【スタートアイコン】をクリックします。

アプリ・プログラムの更新方法⑧

【設定(歯車マーク)】をクリックします。

アプリ・プログラムの更新方法⑨

【更新とセキュリティ】をクリックします。

アプリ・プログラムの更新方法⑩

【更新プログラムのチェック】をクリックします。

アプリ・プログラムの更新方法⑪

【ダウンロード】をクリックします。
※自動で進む場合もあります。

ダウンロードが始まるので、しばらく待ちます。

アプリ・プログラムの更新方法⑫

ダウンロードが終わったら、【今すぐ再起動する】をクリックします。

更新は一度では終わりませんので、何度か確認しましょう。

アプリ・プログラムの更新方法⑬

『更新プログラムのチェック』をクリックした時に『最新の状態です』と表示されるようになったら、更新終了です。

セキュリティ対策

次は、セキュリティ対策を見ていきます。
Windows10では、Windowsセキュリティというプログラムが最初から入っており、これでセキュリティ対策ができます。

Windowsセキュリティの設定と更新方法①

【スタートアイコン】をクリックします。

Windowsセキュリティの設定と更新方法②

【設定(歯車マーク)】をクリックします。

Windowsセキュリティの設定と更新方法③

【更新とセキュリティ】をクリックします。

Windowsセキュリティの設定と更新方法④

【Windows セキュリティ】をクリックします。

Windowsセキュリティの設定と更新方法⑤

【Windows セキュリティを開く】をクリックします。

Windowsセキュリティの設定と更新方法⑥

『OneDriveのセットアップ』『アカウントの保護』に!マークが付いている場合は、【無視】をクリックします。

Windowsセキュリティの設定と更新方法⑦

【ウイルスと脅威の防止】をクリックします。

Windowsセキュリティの設定と更新方法⑧

【ウイルスと脅威の防止の更新】をクリックします。

Windowsセキュリティの設定と更新方法⑨

【更新プログラムのチェック】をクリックします。

更新が終われば、セキュリティ対策は終了です。

ここから先は、より細かい部分になりますが、やっておいたほうが良いおすすめ設定です。

画面中央に出てくる「あ」「A」を消す方法

画面中央に出てくる「あ」「A」を消す方法①

Windows10は半角キーを押すたびに、上記画像のように画面中央に「あ」「A」と出てきます。
これを非表示にします。

画面中央に出てくる「あ」「A」を消す方法②

画面右下の「あ」もしくは「A」を右クリックします。

画面中央に出てくる「あ」「A」を消す方法③

表示される一覧の中から【プロパティ】をクリックします。

画面中央に出てくる「あ」「A」を消す方法④

新しいウィンドウが開きます。
『IME入力モードの切替の通知』という項目にチェックが入っているので、このチェックを外します。

画面中央に出てくる「あ」「A」を消す方法⑤

チェックが外れていることを確認し、【OK】をクリック
これで、表示されなくなりました。

では、次は非表示設定されているスクロールバーを表示させましょう。

スクロールバーを常に表示させる方法

スクロールバーを常に表示させる方法①

Windows10では、上記画像のように、スクロールバーが非表示で、マウスポインターが近づくと表示されるように設定されています。
表示されるまで1〜2秒待たないといけないため、常に表示する設定に変更しましょう。

スクロールバーを常に表示させる方法②

【スタートアイコン】をクリックします。

スクロールバーを常に表示させる方法③

【設定(歯車マーク)】をクリックします。

スクロールバーを常に表示させる方法④

【簡単操作】をクリックします。

スクロールバーを常に表示させる方法⑤

『Windowsのスクロールバーを自動的に非表示にする』がオンになっていますので、これをオフにします。

スクロールバーを常に表示させる方法⑥

これで、スクロールバーが常に表示されるようになりました。

続いて、OneDriveの設定です。
普段使用している場合は、飛ばしてください。

OneDriveを無効にする方法

Windows10ではWindowsの起動と同時にOneDriveが起動するようになっています。
使わないのであれば、オフにしておいた方が良いので、こちらを設定していきます。

OneDriveを無効にする方法①

画面右下の【^】をクリックします。

OneDriveを無効にする方法②

隠れていたアイコンが表示されるので、その中から、OneDriveを右クリックします。

OneDriveを無効にする方法③

OneDriveウィンドウが表示されるので、【設定】をクリックします。

OneDriveを無効にする方法④

【設定タブ】をクリックします。

OneDriveを無効にする方法⑤

『WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する』にチェックが入っているので、このチェックを外します。

OneDriveを無効にする方法⑥

【OK】をクリックします。

OneDriveを無効にする方法⑦

もう一度、【^】をクリックします。

OneDriveを無効にする方法⑧

【OneDrive】を右クリックします。

OneDriveを無効にする方法⑨

【OneDriveを閉じる】をクリックします。

これで、次回以降は起動しなくなりました。

まとめ:Windows10のおすすめ初期設定

この記事では、Windows10のおすすめ初期設定について解説しました。

全てこの記事通りにというわけではなく、良さそうだなと思った設定を取り入れてもらえると嬉しいです。。

標準搭載のセキュリティーソフトで不安な方は、下記記事を参考にしてください。

また、Windows10のおすすめ無料アプリについても解説しています。
初期設定が終わったら、ぜひインストールしてみてください。
»無料:パソコンを買ったら入れておきたいソフト・アプリ5選【Windows】

-Windows
-

執筆者:

関連記事

Windows10で通知音やポップアップをオン・オフする設定方法

Windows10では、メールを受信したときに通知音がなったり、画面の右下にポップアップが出るようになっています。 この記事では、Windows10で通知音やポップアップをオン・オフする設定方法につい …

Windows10:Dropboxのダウンロード&インストールから設定まで解説!

✅ この記事で解決できる悩み Dropboxって何? Dropboxのインストール方法を知りたい Dropboxをお得に使える方法を知りたい ✅ 記事の信頼性 もくじ Wi …

Windows10のHomeとProの違いは?どっちを買うべき?

この記事では、Windows10のHomeとProの違いと、どちらを買うべきかを解説しています。 これからWindows10を導入する方、HomeとProで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。 & …

Windows10のスタートアップ設定方法【登録(追加)や削除、有効・無効の切り替え】

この記事では、Windows10のスタートアップの設定方法を解説してきます。 スタートアップとは、パソコン起動時に特定のアプリを自動で起動できるようにするものです。 よく使うアプリを登録しておくと便利 …

【簡単】Windows10をセーフモードで起動する方法【クリックするだけ】

この記事では、Windows10をセーフモードで起動する方法を解説していきます。 普段通りパソコンを使っていても、急に動きが遅くなったり、特定の機能が使えなくなることがあります。 その原因の1つとして …

プロフィール

管理人のレオです。
Twitter:@Leo__Blog

パソコン修理経験を活かし、Windows、Macの使い方、パソコンの選び方などを記事にしています。

また、Excelの解説記事も書いています。

  • < 修理・指導実績 >
  • ・パソコン修理 1,500件以上
  • ・Excel指導 100人以上

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】

【Excel】関数の教科書【基礎〜上級:17記事で解説】
Excelの関数を学習したい方向け。

Excelの関数を基礎から上級までまとめました。
実際の業務で使える関数をまとめましたので、これからExcelの関数を学びたい方や現在学習中の方はぜひご覧ください。

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!

LenovoのIdeaPad『Flex550』はコスパ最高!価格やスペックを比較して解説!
2021年の上半期で一番コストパフォーマンスが高いと感じたLenovoのIdeaPad『Flex 550』について解説しています。

『そろそろ新しいパソコン買おうかな』という方は必見です。